そのような言葉を軽く挨拶みたいに、いつも交わしていると、俺が中学生だったときもあり、Hな話をいつもするようになった。
俺は女性の体がどうなっているのかが気になってしょうがなかった。
そのうち、胸もさわったり、なめたり、いろいろとエスカレートしていった。
も、男の体に興味があり、俺もに体を捧げた。
いろいろとするうちに、いれないではいられなかった。
最初に誘ったのは俺からだったから、俺が責任をもって コンドームを買ってきた。
当時まだ俺は中学生で、緊張したけれどもとはいえ本当に好きな人だから、 その人と体をあわすことができることを考えると、コンドームを買うことくらい別にいいと思った。-----
俺は、同じ中学校で女性を抱いたことのあるやつなんて俺を含め何人になるのだろうなどといろいろ考えていた。
いよいよ夜がやってきた。
お風呂の入る順番が無事終わり深夜になった。
前もってやることは伝えていたから、 俺はの部屋で待っていた。
の部屋に待っているときは本当に緊張した。
これから、どうなるんだろうといつも思っていた。
親が入ってきたら?ばれたらどうなるんだろう? とかんがえているうちに、お風呂からでて、部屋に入ってきた。
「髪かわかすからちょっと待っててね。そのあとやろうね」 俺「うん、いいよじゃぁ、早く乾くように俺が髪の毛整えてあげるよ」 「じゃぁ、○○くん美容師役やってね」 俺はドライヤーの頭にあてて、髪を乾かし始めた。
美容師がやるみたく、髪の毛をかわかしていた。
俺「かゆいところはないですかぁ?」 「ここらへんでーす。」 俺たちは、美容師とそのお客さんみたくなっていた。
俺は、の髪の毛がどんどんさらさらになっていくのに気づき、これがおわったらいよいよやるんだな と思い、興奮してきた。
髪を乾かした後、ベッドに寝転んで電気を消した。
電気を全部消すと、あたりが真っ黒になった。
ベッドの位置はわかるが、の体はよくわからない。
ちょっと時間をおいてからベッドに入った。
ベッドに入り、俺はに「AVみたくするんだよ。○○(の名前)大丈夫?」と聞いてみた。
するとは「大丈夫だよ。○○くん(俺の名前)が好きだか大丈夫だよ」とかえってきた。
俺は確認し、早速に脱ぐようにいった。
最初はもはずかしかったのか上半身だけという条件をだした。
の上半身は、すごい綺麗だった。
俺はの胸をわしづかみしていっぱいもんでしまった。
は「ちょ、もうちょっと優しくやってよ、びっくりするよ」といってきた 俺「あ、ごめん。なんか興奮しちゃって、○○(の名前)の胸すごい柔らかくて気持ちいよ。ずっと触っていたいな」 俺はそう言った後、乳首の先に指をおしあて、胸をゆらした。
指を乳首に押し当て、おくまで押して動かし始めた。
は「ちょ、くすぐったいよ」といっていて俺は楽しくなった、もっとやってやろうと思い、乳首を吸い始めた。
あえて、から俺のべろがみえるように、挑発するように乳首をなめた。
見えるように、なめた後は、乳首に吸い付くようにしてなめた。
吸い付くようにしてなめ、あえていっぱい音がでるようにしてなめた。
俺がなめるとすごい音がなった。
じゅるじゅる、じゅるじゅるっていう音がなり、も俺がなめるたびに「あっ、あっ」というのが聞こえた。
なめているうちに、から「今度はもう片方も」といってきたので片方の乳のほうにも同じようなことをやった。
両方の胸の乳首をなめた後、また両方をもんだ。
すごいやわらかく、俺の唾液がいっぱいついた胸になっていた。
俺「じゃぁ、もうそうろそうろ下のほうをやりたい」 「うん、いいよ○○(俺の名前)のなめ方赤ちゃん見たくすごくかわいかったし、みていてすごく興奮したよ弟にやられてるんだ って思うと興奮したよ。○○(俺の名前)がおちゃんのパンツを脱がせて」 といいてきたので、俺は下のほうにてをやり、のパンツをぬがした。
女性の下着は、男性の下着とちがい、ちゃんとぴったりに なっていた。
脱がすにも、するっとはいかず、少しずつというか感じで脱がしていった。
俺は、女性のしたのほうをはじめて見た。
毛がはえてるのはしっていたけれども、このようになっているんだとまじまじと見た。
毛をいっぱいさわり、「ここから尿がでるの?」とか「ここは何」とかに恥ずかしい質問をどんどんしていった。
はちゃんと答えてくれて まるで、秘密の保健の授業をマンツーマンでしているみたいで俺は超興奮した。
学校の男子の中では、女性の性器をここまで近く見たやつは 俺以外にはいるのかな?そうはないだろうといろいろおもいつつ、の性器を触り続けた。
の性器はものすごくぐちょぐちょに濡れていた。
俺が、しばらくの性器をさわっていると、から手が伸びてきて、「もっとこうやってほしいなぁ」といわれ、俺の手をつかみ 自分の性器に、俺の指を挿入させだした。
俺は、そのとき女性の性器って指が入るんだって思ってもいなくてすごいびっくりした 驚きを隠せないでいると、は「何?知らなかったの?じゃぁどうやって赤ちゃんができるの?」といってきた。
ここに男性器がはいり ピストン運動の末、射精し、それで赤ちゃんができるんだなと思い、なぜ結婚したら赤ちゃんができるのかよくわからなかった俺には なぞが一つ解けたとわかった。
に、このことを話すとは「うんそうだよ、これで賢くなったねじゃぁ、指をいっぱい動かして中で動かしてみて?」 といわれたので、精一杯うごかしてみた。
の中はすごい濡れていて指をうごかしてみると、いっぱいねばねばな液体がでてくるのを 指で感じ取れ、頭が真っ白になった。
しばらく二本指での中で動かしていると、動かすたびにが喘ぎだした。
俺が指のうごきをはげしくするとは「あっ、いい!!もっとうごかして…もっと!!」と求めるような声でいってきたので俺も 今までにないくらい指を動かした。
は「いいよ!いいよ!!じゃぁ、そろそろ○○(俺の名前)のちんぽがほしい」といってきたので 指の動きをとめた。
俺の手はものすごく痛くなっていた。
ゆっくりの中から指をぬくと俺の指はふやけていた。
俺のちんこは もう我慢汁が結構出ていた。
いよいよ、のアソコに俺のモノを入れるんだなと思い、コンドームを手に取った。
買ったのは 一番厚いとされているものだ。
厚いほうが永く続くのではないかなと思い買っておいた。
俺はコンドームの封をあけ、俺の ちんこにコンドームをつけて、準備が完了した。
俺は、はじめてコンドームをつけたちんこをもってのベッドに入った。
はちんこにゴムが装着されているのをみて 「一人でできたね。じゃぁ後はおねえちゃんの中に入るだけだね。おいで、おいで」といい手招きをした。
は、両足を開き、入れる前に、忠告してきた。
「まず、絶対にイキそうになったら、早くてもいいからぬくこと。ゴムつけてるからといって、おちゃんの中で絶対にしないでね。」 「おちゃん絶対に妊娠したくないし、妊娠したらおちゃんたち絶対に一緒に住めないし、もうここにも住めなくなっちゃうかもよ? おちゃんは○○(俺の名前)が好きだから、これからもやりたいから、これからもいろいろとお話ししたいし、いろいろとどっかに行きたいから 言ってるんだからね?約束できる?」といってきた。
俺「うん、約束できる。最初だからすぐいっちゃうかもしれないけれどがんばってみるよ。俺は○○(の名前)が好きだから、絶対に中ではださないよ ゴムつけているから、実をいうと中でだしても大丈夫かなぁって思っていたけれども、やっぱりだめなんだね。大変なことになっちゃうかもしれないんだね 約束するよ。○○(の名前)」 「ふふ、よしいい弟だ。素直でよろしい。」といい。
俺のちんこに手をだし、自分の膣のほうにもってきた。
俺はの手に導かれるまま、状態を前にもっていく。
「よし、じゃぁそのまま入れてみて」といったので俺はのいうままいれてみた。
いれてみると、なんだか吸い込まれるように、俺のちんこがはいった。
俺は生まれて初めて体験する不思議な感じに頭が真っ白になり 何にも考えられなくなった。
こんなあついんだ。
しかも、なんだか絡み付いてくる感じだ。
その不思議な感覚に俺はそのままおれのものが の中にはいったまま、動かなかった。
こんな感覚なんだと思っているとが「早く動かして、」といってきたので、俺は動かせるだけうごかした。
最初、俺はあんまり動かなかったのでは「もっと。もっと」といってきたので、俺は命いっぱい動いた。
早さも早くしたらは「あ、いいよ、そうそう、そんな感じで続けて、いっていいから!」といってきたので、動いてみた。
俺は早くも危なくなってきたので、うごきを止め、AV男優女優にいやらしく言うように言葉を吹きかけた。
俺「すごいよ、○○(の名前)のアソコぐちょぐちょだね。○○(の名前)のからだもみれてすごい興奮するよ。 俺がつくたびに、胸がゆれるんだもん。すごいことしてるね。弟でこんなことしてるだなんてすごいことだね。」と 低い声で、の耳に吹きかけるようにして言った。
は「おちゃんも、○○(俺の名前)から見下ろされるのを見ると、興奮するよ。弟に犯されてるって思うと興奮するよ。 一生懸命ついてる姿をみてると、がんばれって感じになるよ」といってきた。
俺は嬉しくなった。
とやっているだなんて、人には言えないし、すごい秘密を持ってしまった。
俺はその当時は中学生だし 部活も、そんな女とやれるような部活ではなく、しかも俺はクラスではおとなしいほうだ。
そんな俺がとやっている。
けれども、このは、普通の弟ではない。
なんだろう、恋人といってもまちがいない。
いやそれ以上だ。
俺「じゃぁ続けるよ。」といい、俺は命いっぱい腰をぶつけた。
もう最初からイクつもりでやったから、最初からはやくついた。
そのたびに、のアソコがぐちょぐちょぐちょぐちょと激しい音がなった。
俺「あっ、そろそろきそう…だよ。なんかすごい…」 「いいよ…いってでも中でださないでね…ゴムつけててもだめだよ」 俺は今までにない速さでのアソコに俺のちんこをぶつけた。
俺の体に電気が走ったような感覚になり、のアソコからぬいた…。
すごい勢いで、おれの精子が装着しているゴムのなかで出ていた。
俺は、すごい汗をかいており、特にお尻のほうはすごかった。
すぐに脱力感がきて、何もする気が起きなかった。
と、実のと…一線を越えた。
でも、のことが好きだ。
優しくて綺麗で頭がよくて、お嬢様学校の生徒会長みたいなが… 俺は、年上の人ではないとだめであり、学校同級生なんて目にはつかなかった。
好きな人とやっちゃたんだ…。
俺の頭のなかにはとやってしまったが、実を言うとあんまり背徳の感覚が不思議となかった。
好きな人とやったのだ。
これしかなかった。
俺がいったときに、は「いっちゃった??汗かいてるねお尻のほう、がんばったね」といって頭をなでてくれた。
「最初の割には、結構うまかったよ。もしかしておちゃん以外とやったことあるの?」と聞いてきた。
俺「いや、俺は○○(の名前)しかやったことないよ。俺は年上の人が好きなんだから。」 「そっか、おちゃん○○(俺の名前)の前に二人の人とやったことあるけれども、すぐいっちゃてつまらなかった。 しかも、そいつ一回でいいから生で入れさせてなんていってきたの。」 俺はびっくりした。
そんなこと知らなかった。
まさかやったことあるだなんて、しかも生でいれられそうになったなんて 「結局一回だけだっていうからいれさせちゃったけれども、そいつとはすぐに別れた。しつこくてあんまり楽しくないんだもん。 ○○(俺の名前)のほうが、一緒にいるとずっと話がとまらないし、おもしろいし、本当に楽しいの。今までの男性の中で一番いいよ。 後、○○(俺の名前)すごいスレンダーだし。さっき抱いた時、こんな細いのうらやましいとおもったし」 俺は驚いた。
もう恋人以上。
いやそれ以上の関係になった。
それから、いろいろと話した、気づくと相当時間がたっていてまるで女子のおしゃべりみたくずっと時間を忘れしゃべっていた。
でも、その時間は本当に幸せだった。
学校でいろいろあったし、俺も学校ではうまくいってなかった。
けれどもと話すとそれが少し解消されるような気がして、癒しの時間だった。
それ以来、できる日の夜はできるだけやった。
は大学受験に失敗し浪人になり、家から出て行った。
なので、毎日はいなかったけれども 帰ってくるときが一番幸せな時間だった。
そのときになればやれるからだ。
俺も受験に失敗した。
県立にうかったおらず私立にいっていた。
「いきたくて入った学校ではないんだよ俺は!」とクラスの中で 大声で叫んだときがあったり、高校はうまくいってなかった。
でも、もそれは同じだった。
浪人していてこれからどうしようというときだった。
けれども、そんな同じ境遇だからこそ、ずっとすごしてきた仲だからこそもありといっぱい話した。
体をあわせるときも、どんどんエスカレートしてく、やり終わったあとはこれからの話。
俺は、やるたびに、いろいろな体位や、やりかたを覚え、同時ににも自分の体を提供した。
の舌づかいはかなりのものだった。
フェラチオは、髪の毛がちょうど俺の下腹にくすぐったくあたり、気持ちよくて、なめるたびに俺は女みたいな高い声をだしてしまった。
は「○○(俺の名前)なめるたびに、すごいよがるから、すごいかわいいんだよね。もっといじめたくなっちゃう。お姉さんがもっと大人の世界 を教えてあげるって感じになるんだよねぇ。おちゃんの舌そんなに好き?」 俺「うん、最高だよ。俺は舌でいきそうだもん。本当にすごいよ。なんだかサキュバス(淫魔)みたくてすべて吸われちゃいそう…」 「ふふん、じゃぁすってあげる…」 とまぁ、会うたびに体をあわせてきたのだが、ここ最近ずっと、忙しくて、会っても生理とかだったので、久しぶりにやった。
そのときのことを書く。
今までは、ここまでのいきさつ。
とやるまでのいきさつを書いた。
ここからは帰省中にしたことを書く。
久しぶりに会うは、ものすごく綺麗になっていた。
立ち振る舞い、その他すべてがもうはたらくお姉さんって感じだった。
俺「なんだか、働くお姉さんって○○(の名前)のことをいうんだなぁって感じだよ。すごく綺麗。一段と綺麗になったんじゃない? 「ありがとう、本当に疲れてるからさ。そういうといってくれるのは○○(俺の名前)しかいなくて。本当にかわいい弟だね おちゃんは、本当に嬉しいよ。」 俺「いやいや、○○(の名前)がちゃんとしてるからだよ。本当に影響あたえてるんだから、俺は幸せだよ。が○○(の名前)で が○○(の名前)でよかった。」 そういうと、は俺の部屋の、ベッドに座り込み、俺の目の前に着替え始めタイトスカートを脱ぎ始めた。
パンストをはいていてそれも脱ぎ始めた。
こういう光景は、俺らの間ではなんら感じない。
普通のことだ。
俺もの前なら普通に着替えられる。
俺「パンストかぁ、これが女性にとっての靴下みたいなものだよね?足すごく疲れない?」 「うん、そうなんだよ靴下のほうがいいよまったく、パンストってさぁくつしたみたくそんなに材質よくないもんね」 はぁ、なんだか楽になったなぁ。」といっているの姿の下はパンツだけだった。
しかもセクシー下着だった。
俺「おおその下着、いいねすごい興奮するよ。」 「ふふん、そうでしょー。大人の女性って感じ?興奮する?」 俺「うんすごい興奮するよ。大好き。」 はその後、ジャージを着て、その後いろいろとおしゃべりをした。
夕食を家族みんなで食べたあと、一緒に後片付けをした。
その後、お風呂に入った後、の部屋にいったら寝ていた。
寝ていている最中に、俺は「今日はやってくれるの?」といった。
は「うーん大丈夫」といっていたけれど心配だった。
お風呂の時間になってもはいろうとせず、大丈夫かなとおもったのだが、結局お風呂には入らなかった。
体を洗っていないからだをなめられるのがものすごく嫌いなので、やることはかぎられると決まった。
けれども、の部屋に入り、なだめ、最初に胸を触った。
も負けたのか上半身を脱ぎ始めた。
俺はなめることができないから、いっぱい胸をもんだ。
眠かったので、あんまり声はださなかったけれども、俺の下はギンギンだった。
俺がしたのほうに手をのばし アソコを触り始めた。
はようやく「あっ」というようになった。
なので、パンツの上から指で刺激し始めた。
徐々に濡れてくるのが下着を通じてわかった。
どんどん刺激を強くしたら、から「○○(俺の名前)のがほしい」 といってきたので、俺は脱ぎ始めた。
俺がに体をみせてちんこがたっていることを確認させた。
「すごいぎんぎんじゃん、早く入れてよ」といったので、ゴムを装着し、下着を脱がし、正上位の体制で挿入しようとしたのだが、 いれるところをまちがえたのか、中々入らないは「おおきくなった?」ときいてきたが、もう一回いれてみいようとすると、 スムーズに入った。
入った瞬間は「あっいいよ、そのままそのまま」といってきた。
俺は奥まで入るように、の背中に手を回し、そのまますこしもちあげたじょうたいで、のアソコに俺のちんこをいっぱいおしつけた。
すると、先でとまっている感じがしたので、ここが奥だなと俺は感じ、いっぱいおしつけた。
押し付けた後、そのままピストン運動正常位だけれども、女性の腰を浮かせた状態であるので体位は微妙だ。
俺は女性の腰を少しうかした状態でピストン運動をすると、女性は感じやすいという情報を知ったので、試してみたかった。
このままピストン運動をすると、俺がいきそうなので、あえて、止めた。
そして少し状態を変えて、またピストン運動。
今度は基本的な正上位でやった。
そうすると、カリにものすごくひっかかり、 これも、危ない。
なので、言葉をふきかえた。
俺「久しぶりだから、興奮してるね、ほら、きこえるぐちょぐちょっていう音がはっきりきこえるでしょう??」といやらしくいってみる。
そして、動かし音を聞かせる。
この感覚がたまらなかった。
音を聞かせた後また正上位でピストン運動。
とにかく正上位で激しく責めた。
は眠かったけれども、俺とやってるときに、少しさめたのか、久しぶりというのもあり、結構あえぎ、その姿を見ると興奮した。
俺は、ピストン運動を早めると、は「いいよ!!いい!!」と声がでかくなった。
それと同時におともシュポシュポはっきりきこえるほど は興奮していて、俺もはっきり耳にした。
俺が「あだめだ、もうでる!」といいからちんこをぬいた。
ゴムの中にいっぱい精子がでるのがわかり、かなりはげしかった。
いってるときには頭をなでてくれ、そのまま抱き合った。
は「○○(俺の名前)ちんぽおおきくなったね。おくまであたったとき、いつものとはちがうなって感じたよ。なにかしたの?」 俺「アソコの毛がゴムにからまないように、すこし短くしたんだよ」 「ふふ、そうなんだ、毛がからまるんだね。今日のHはものすごく楽しかったよ。今までの正上位で一番長かったね。」 俺は本当に疲れた。
久しぶりのの体は、やわらかかった??なんだろう肉でもついたのだろうか。
でもむちむちしてきている んだなと思うと興奮した。
そっちのほうが、音もなりやすいし、今度はバックでやってみたいなと思った、俺の下腹とお尻 がぶつかりあう音が聞きたいなと思う。
まぁ、ここまで長くなったけれども、書いてみた。
今度に会うのはいつになるかわからない。
俺もに元気そうな顔や、がんばっている姿をみせられるようにがんばらないとけない。


-----