「パソコンの電源と戸締り忘れるなよ」
あわただしく所長は背広に腕を通しながら大きなかばんを引きずるように出て行った。
こじんまりとした営業所で一人留守番をしている美幸。
所員は営業やら出張で今日は終日誰も帰ってこない。

「これから17:00までなにしようかな…」
ちょうど業務の閑散期でもあり美幸はいつもの業務を手早く片付けるといきなり暇になってしまった。
「たまには掃除でもするかな」
どうせ誰も来ない。

美幸はタンクトップにミニスカートという私服に着替えごそごそとロッカーの掃除を始める。
男女兼用だが入り口に鍵がかかり美幸が
着替えるのにも不自由はしていない。
自分のロッカーをきれいにし、最後に所長のロッカーに手をかける。
「あれ?鍵開いてるよー。所長ったらいつもそうなのかなあ」
いつも世話になっておりこういうときに中もきれいにしておこうという美幸の親切心といたずら心から美幸は扉を開ける。

「なにこれ!」
中には私物はほとんどなく積み上げられた大人の雑誌と紙袋。
「なにしに会社に来てるのかしら。いやらしいんだから!」
笑いながら美幸は雑誌を手に取った。いわゆる投稿雑誌といわれるもので野外露出やパートナーとの営みを写したものが数多く掲載されている。

「みんなこんなことしてるのかな…」
面白半分で見始めた美幸は次第に紙面で繰り広げられる非日常の世界へと吸い込まれていた。
薄く消されてはいるがアップで写された男性のたくましい柱や白くにじんだ可憐な花びらは手に取るようにわかる。

「すごい…」
エアコンが効いているのに美幸は顔を紅潮させゆっくりとページを進めた。
「ん?」
本の真ん中あたりに折り目がついたページがある。
「所長ったらわかりやすいなあ!お気に入りなんだあ」
淫靡な世界にはまり込んで緊張していた美幸に笑顔が戻る。
「所長のお気に入りってなーんだ!」
笑いながらページを開く。

「う、うそ…、これって…」
顔の部分は消されているが以前笑いながら見せてもらった腕のあざ、髪型…、まさしくそれは所長である。
スレンダーな女性を見覚えのある公園で一糸まとわぬ姿に晒してたたずんでいる。

次の写真では黒く太いモノを女性に奉仕させ、次の写真ではか細い女性の腰に手をかけ後ろから欲望の大木を打ち込んでいた。
「所長がこんなことを…」
驚きとともに美幸は股間からメスのエキスがにじむのを意識していた。
「所長…太すぎる…」
モザイクがかかっているとはいえ女性の細い指が必死につかんでいる様や大きく張り出したエラがその存在感をさらに誇示しているように見えた。

「こんなもので突かれたら…」
美幸は無意識のうちに快楽を淵へと向かおうとしていた。
見えざる糸に操られるようにストラップレスのブラを美幸ははずした。たわ
わな胸が自由になり生地を突き破るほどに旨の突起がタンクトップを浮かせる。
白く細い指先がその突起の周囲を円を描くようになぞる。

「はぁぁ…」
薄いピンクのルージュを引いた美幸の口元から甘美な吐息が漏れる。
ゆっくりとその突起を摘み、転がすようにいじる。布越しからも、美幸の身体に心地よい刺激を送る。
美幸の身体は更なる刺激を求めて左手をタンクトップの中へと誘う。
コリコリとした感触を捉えた瞬間親指と中指がその突起を摘み少し強く捻る。

「あうっ!」
ピリっという刺激が美幸を突き刺す。そして指は次第に強く左胸の突起をいたぶり始めた。
時にはしごき、時には転がし…。まるでライオンが仕留めた獲物をなぶる様に美幸の胸の固い突起はなされるがままであった。

ゆっくりと乳首への責めをスローダウンし美幸は次なるターゲットに移る。
スカートを下ろし、申し訳程度に股間を覆う薄いパープルの下着に手をかけ、ゆるゆると抜く。白く長い足を下りる時間が長く感じる。

「こんなに…」
美幸は自分から発する濃厚なメスの匂いに異様な高鳴りを覚えた。
ロッカーの片隅にある姿見に美幸の白く女性のカーブを描く裸体が映る。
恐る恐るを開く。そこには美幸の白い身体にはまるで不釣合いの黒い茂みがあり、さらに視線を下に移すとすでに赤く充血し、悦びの粘液に光るクレバスがあった。

「いや、こんなにいやらしいなんて…」
その言葉とは反対に美幸は両手でその割れ目を開く。
充血しきった二枚の小さな羽根、既に顔を見せ始めたクリトリスが見える。
男の欲望が出入りする女の入口は白く濁った愛液にまみれている。

「ここに所長の太いものが入ったら…」
想像するだけで美幸の女の泉からこんこんと愛液が溢れてくる。
カサッ
小さな音ではあるが美幸はその物音に心臓が止まる思いがした。
「誰!」
静まり返った事務所。ふと見ると所長のロッカーの紙袋が倒れたようであった。

「びっくりさせないでよ!」
紙袋の口が開いている。美幸はそれを手にして中を見る。
「こ、こんなものが…」
妖しく光るバイブレーター、しかも太い。
よく見るとかなり使い込んでいることが操作部分の汚れ具合からわかる。
「これであの女性を…」
雑誌の女性が所長により責められるシーンが頭によぎる。
そしてグロテスクな責め具が次第に写真に写る所長のたくましい男根に見えてくる。

「ああ、こんな太いものが美幸に刺さったら…」
いつの間にか写真の女性は自分に代わっていた。
背後からのような姿勢で太いオスの証を打ちつけられる。出入りするたびに赤黒いそれは白い粘液で化粧が施され、桃の二枚の花びらがさらに深い抽送をねだるように絡みつく。
美幸の理性は一気に崩れ、責め具に動きを与え、すでに準備の整った自らの股間にあてがい一気に沈めた。

「ああっ!いい!」
美幸の右手は恥じらいを忘れ快楽の頂点に突き進むように責め具を出し入れする。
ジュルジュルと官能の演奏が狭い部屋に響く。
「所長、もっと、もっと突いて下さい!美幸を壊して!」
左手はいつの間にか皮を根元まで剥き、露になったクリトリスをしごきたてている。

「こんなにいやらしく責められたかったんだろ?ケツを高く持ち上げて後ろからズボズボとハメられたかったんだろう。いやらしい女だ」
脳裏の所長が冷酷に言い放つ。
「そうなの!こんな風にされたいの!犯してほしかったの!いっぱい頂戴!ダメ、イキそうっ!」

肉棒のスピードが速まる。
突かれるたびに美幸の子宮から強烈な快感の波が全身に流れる。
「このままいくよ」
落ち着き払った声が美幸の脳裏に響く。

「ダメ、お願い中はだめです!あぁぁ!だめっ、イッてしまう!」
大きな波が美幸をさらっていく。
「おおぅ!出てるぞ、美幸!ドクドクと子宮に注いでるよ…」
「いやっ、出さないで…。またイクっ!」
美幸の全身が大きくしなり立て続けに二度も頂点を迎える。
ぶるぶると震えが止まらない。美幸はその場にぐったりと倒れ、乱れる呼吸の音が遠くなるのを感じた。

どれくらい時間がたっただろうか。美幸はけだるい身体を起こし周囲を見渡した。
下着が床に落ち、衣類は着用しているというより引っかかっているといった風情になっている。

ゆっくりと衣類を戻し、下着を手にした時、
「すまん、大切なものを忘れてたよ!」
流れる汗を拭きながら所長が戻ってきた。
「まずい…」
このままの格好で出る訳にはいかない。
しかし出ないと逆に怪しまれる。

「あれ、美幸くん?いないの?たまの留守番だから買い物に行ったのかな?それともトイレ?」
美幸の所在を確認するように言葉を続ける。
「あ、はい!ちょっとロッカーの掃除してます!なにか忘れ物ですかぁ!」
美幸は覚悟を決めて、胸の突起がわからない様、掃除道具を抱えて小走りに事務所へと向かった。

「なんだ、珍しいな。うっかり見積書を忘れてね。危ないとこだったよ」
「え、あぁ、そうなんですか…。所長のうっかり癖って治らないですよねー」
軽口を叩きながら美幸もはびくびくしていた。
気づかれないうちに早く出てほしい…、と。

「そうなんだよなあ。探すの面倒だしプリントアウトするかな」
不自然に揺れる美幸の胸をねっとりと見つめる。
股間に血液が集中し下着の中で怒りに満ちた状態になっているのがわかる。
「そ、そうですね…」
相槌を打ったものの美幸の視線は宙を泳いでおり、所長の横顔が一瞬にやっとしたのを見落としていた。

「そういえば掃除してくれてたんだよね。すまんな。で、きれいになったの?」
「え、ま、まあ…。あんまりすることもないから入念にしちゃいましたよ」
あまり触れてほしくない話題だ。
それにさっきからずっと道具を抱え腕が痛い。

「あ、おれ、鍵とかあんまりかけないんだけど開けちゃったかな?」
美幸は危うく持っていた道具を落としそうになった。
「い、いえ、私物が入ってるし勝手に開けないですよー」
胸が高鳴りが事務所に響きそうだった。
「だよな。そうそう、ロッカーの中にも忘れ物したんだよ。紙袋入ってるから持ってきてくれる?中身はみないでね、俺のだから。」

まずい…。
美幸の動悸はかつてないほどのスピードになっていた。
袋の中身はさっきまで自らの快楽のために使っていたあれだ。
「そんなあ、見るわけないじゃないですか。失礼して持ってきますね。」
ゆっくりとロッカー室に進む。

所長は美幸の後ろ姿を狙いを定めた肉食のような視線で見つめた。
「ど、どうしよう…」
美幸はまず愛液にまみれたバイブをきれいに拭き取り丁寧に紙袋に入れた。
そして欲望のスイッチを入れた忌まわしい雑誌を元通りロッカーに戻し下着を回収した。
「美幸くん、なにしてるのかな?」
いるはずのない所長がロッカーの入り口で仁王立ちしている。

「あっ!」
不意をつかれ美幸はその場にへたり込む。
右手には自分の下着、左手には口の開いた紙袋…。
美幸の頭はすっかりパニック状態で次の言葉が出てこない。
「中身見ないでっていったよな」
うっすらと微笑みをたたえてはいるがそこから出てくる言葉は冷酷なものであった。
「美幸くんは俺にうそをつくんだな…。」
「…そ、そんな…、うそって…」
「ふふん、おれはその紙袋しっかり閉じてたからな。そんなもの見せれないしな。それに雑誌も見てたようだし…」
いつからみられていたのだろうか。ずぶ濡れの子犬のように美幸は震えていた。

「そ、それは…」
言い逃れはできない。しかし職場で恥ずべき行為に耽っていた負い目もあり美幸はそれ以上言葉を続けることができなかった。
「す、すいません…」
必死に振り絞った最後の言葉。所長はその瞬間落ちたと感じていた。


仕組まれた陵辱1  2