私はある資格をとる為、知人に個人教授をお願いしていました。温和で知的な紳士として、その業界では知られた方です。仮にAさんと呼びます。一次試験も無事通過し、二次試験にむけての勉強も兼ねてのセミナーに参加することになりました。会場は車で一時間ほどの所でしたから、Aさんの車に皆で便乗し、出発しました。Aさんに私、あと顔見知りのBさんと、一緒に試験を受けていたAさんの事務所の綾子さんの4人です。彼女が用意していたコーヒーを頂き・・・ 気が付いた時、私は全裸でした。綾子さんは縄で縛られ嬌声をあげていました。Aさんが縄を持って近づいてくると、さっとBさんが私の手首を捻りあげ、後ろ手に縛り上げられました。何
故かろくな抵抗もできないまま、床に転がされていました。「君はきっと喜んで受け入れると思うよ」そう言うと、いきなり平手でおを叩きだし、Bさんは乳首を捻りだしたのです。「イヤーッ痛い、やめてー」叫び続けてもやめてくれず、ついに口に何か詰め込まれ、声もだせないように。終わった時は息も絶え絶えでした。Aさんが私の足を開いても、逆らう気力はありませんでした。「やっぱり濡れてる」「次いけますね」二人の声が聞こえた瞬間、ヴァギナに激痛が。鞭で叩かれたのです。失神しかけたところ、クリトリスにも激痛が。あまりの痛みに失禁していました。そこでようやく口に詰め込まれたボールのようなものが外されました。もう、叫ぶ気力も体力もありませんでした。「君はきっとMだと思った」「調教が楽しみですね」二人は話ながら綾子さんを連れてくると、壁のX型の柱に固定し、股間の縄の隙間からバイブを突き刺し固定しました。私は婦人科の診察台に似た椅子に固定されました。「いい声で鳴いた方にご褒美だ」そう言って綾子さんの方にはBさんが、私の方にAさんが。「アーッグゥッ  ヒィッ  ヒィッ  ギャーッ 」私はヴァギナにクスコ挿入され、クリトリスを剥きあげられ、吸われ、噛まれ、バイブで奥をつつかれ・・・気が遠くなりかけた時「ご褒美は君にあげよう」そう言われました。それは浣腸でした。「薄めで500、ご褒美だから700にしよう」むき出しのおをつかみ、一気に挿入してきました。我慢できないだろうと、栓をされました。次に何か摘むと顔を股間によせ・・・尿道を責め始めたのです。「イヤーッ出ちゃう、やめてー」「お手洗いいかせて、お願い、いかせてー」我慢の限界を越え、必死で哀願したも冷たく無視され、「このままするんだよ」信じられない言葉でした。前後の排泄を目の前で大股びらきのまま・・・カテーテルが挿入され、尿がではじめると同時に引き抜かれ、栓もぬかれ・・・屈辱の瞬間、私の何かが壊れました。躰を綺麗に洗われ、二人に前後同時に犯されました。今私はAさんの牝犬と呼ばれています。