の末っ子。男が欲しかった父に男みたいに育てられました。
化粧もしない。髪はショートで制服以外スカートは持ってない。遺伝なのか、カップあるのが嫌でした。
そんな私が変わったのは、高の夏にレイプされたから
女子より男子と話すのが楽で、高校になってから仲良くなったと。親友だと思ってた。
夏休みにが探してきた山奥にある安く借りれるコテージに人で行った。
ウチの親に友達と行くと言ったら出たけど、後で考えたら男友達だと言えば良かった。
昼間は釣りしたり川で泳いだり、夜にはバーベキューに花火と楽しかったけど、夜になって人が変わってしまった。
私を真ん中にして寝ながら話してたらが急に胸を揉んできて「ゆうって胸デカいよな」と言ってきた。振りほどこうとするとに押さえられ「だな結構可愛い顔してるしな」とキスされた。
「なんだよおいやめろよ」と怒鳴ったけど、対では勝てない。
シャツを捲り、スポーツブラを剥ぎ取られ、下も全て脱がされた。
痛いくらいに胸を揉まれ、乳首を吸われ「イタッやめろバカ」と言う悪態がやがて「あっ…はぁ…んっ」と可愛い声になってしまった。
「ゆう、乳首感じるの」「こんなエロい胸して、ヤバいよ」「おま○こ濡れてる…気持ちいいんだろ」
人に乳首やおま○こを舐められ、トロトロに溶けていきそうでした。
我慢出来ないと先に入れてきたのはだった。下半身に鈍い痛みが走って、逃げようとした私の口にがチ○ポを差し込んだ。
がお腹に出すと、すぐが入れて、その間のチ○ポを舐めさせられた。
中出しはされなかったけど、何度も人に犯されて気付けば朝だった。
泊日の初日の夜に犯され、帰る日まで昼も夜もセックスさせられた。
がおま○こに最初に入れたからと、にはアナル処女を奪われた。
それから人に彼女が出来るまで、人の女と言うか、奴隷でした。安全日は中出し。髪を伸ばして女らしいブリブリの服や露出度の高い服を着せられたり…嫌だったけどビデオに撮られてたから従ってました。
途中からはの細めだけど長いチ○ポで突かれる事や、のカリ太なチ○ポ。野外や二穴セックスにハマってしまいました。
今の私があるのは人のおかげです。