デパ地下の持ち帰り寿司店の店長を任されていた時の事です。
パートさんを面接して決める事が出来ましたので自分の好みの奥さんを採用しました。
たまたまムッチリボディーで従順そうな系の奥さんが面接に来ましたので迷わず即採用しました。
規模の小さい店舗でしたのでシフトの状態では全く二人っきりになる事が多いので最初の内は下ネタの話しを徐々にしながら軽くボディータッチをするなど反応を見てきましたが予想が的中でした。
拒絶する事もなく服の上から大胆におっぱいを揉んでも嫌がる様子もなく触りたい放題でした。
あまりにも無抵抗なのでだんだんエスカレートして行ってしまい毎回、朝の仕込み
の時に彼女にいろいろイタズラをする事が日課になってしまいました。
ある時は作業をしている彼女の後ろに回り込みジーンズのボタンとファスナーを緩め下着の中に手を入れクリトリスをイジッたり穴をイジッたりしても無抵抗どころか手を止めて身体委ねたりする程です。
もちろんそのままバックハメたりする事も何度もありました。
本人の話しだと旦那が変態でとか外でヤルとか他人とヤラせる事が好きらしく仕込まれたと言っていたから私の予想は大的中でした。
また、私が寝泊まりしているウィークリーマンションに呼んでも簡単に応じてしまいお互い後ぐされのないセフレ関係を私が転勤するまでの年間続けました。
ちなみにこの奥さん、旦那の命令ど避妊リングを入れていたので毎回生出しセックスはもちろん、床上手のイイ女だったので離れる時はこちらの方が名残惜しくなってしまいました。