性的イタズラをされた話。
中の頃のこと。


性に目覚めたばかりの男子中学生。身近な女性に性的好奇心をくすぐられるのは、皆も経験あることと思います。
小の頃に漫画『やるっきゃ騎士』だの『いけないルナ先生』だので、エロ勃起というメカニズムを知り…
小で、親父のエロ劇画で“オナニー”を知り、試してみたら気持ちよいこと気持ちよいこと、その後毎日オナニー猿状態。
ある日、クラスの女子の体操服姿がエロい、と気づいてからは…その姿を目に焼き付けてオカズに…という、エロ小学生時代を過ごしました。

そんな自分が、身近な女体の存在に気づいたのが、中の夏休み。

それまで意識したことなどなかったのに……コ上のの、ゆるいTシャツの胸元から見えてしまった胸の谷間とブラ……。
でしかなかったそれまでと、一瞬にして変わってしまった僕。
が“女子”だということに……なぜそれまで気がつかなかったのだろう不思議…。

風呂上がりの上気した頬やうなじ
Tシャツやパジャマ越しの“女子の身体のライン”
短パンで無防備にあぐらをかいて座る股間
庭に干された体操服や下着

気がついてみると、僕の日常には、オカズになるような光景が山ほどあるではないか
クラスの女子の下着など見れるはずも無いのに、自宅では毎日のように同年代女子(中の)の下着が干されている……最高の環境じゃないかと。

干された下着を目に焼き付けて、自室でオナニー……
↓↓↓
干されているその場へ行って、触ったり手にとって裏や表をじっくり観察したり、匂いを嗅いだり(洗剤の匂いしかしないけど)…して、また洗濯バサミに戻し、自室でオナニー
↓↓↓
こっそり自室まで持ち込んで“包み込みオナニー
↓↓↓
浴室で洗濯かごを漁り使用済み下着に手を出す


そこまでエスカレートするまでに、ヶ月かかりませんでした(苦笑)。

長くなったので、続きは中で。