サイトで知り合ったJK①との忘れられない体験です。
葵とは某サイトのメル友募集で知り合いました。
イメージメールの募集で捕まえて何度かイメプのやりとりをしました。
普段は真面目なJKで今つきあってる彼氏が初めての相手であるらしいが、彼氏とのエッチはノーマルとの事。
でもメールをやりとりしているうちに葵の隠れたドM気質に気付いた俺はメールで苛めているうちに、葵も彼氏とのエッチよりメールで俺に苛められることにはまってきました。
なかなか逢うことができませんでしたが、
ついに我慢できず逢うことにOKをもらい逢うことに。
待ち合わせてみると、井上真
央ちゃんを若くした感じのとても可愛いロリな女の子がまっていました。
メールで俺の家に行き方を指示しながら後ろからついていきましたが 背が低く華奢な体に小ぶりなヒップがピチピチして 華奢な割には張りのある太ももが短いスカートからにょきっと出ている後ろ姿をみてこれから自由に できる興奮で鳥肌がたってきました。
一言も喋らず家に到着。
鍵を開けて後ろから中に促し 入ると鍵をかけてすぐに目隠しして手を後ろ手に縛り上げる。
「あっ…いやっ… やっ… やっ…」と言いつつも抵抗せずベッドに座らせ
「縛られちゃったね… 何も見えないね… これからどんなことされちゃうんだろうね…」
と囁きながら若いピチピチした体を堪能

サラサラした髪をなで耳に息を吹きかけ制服のままの身動きできない体をネチネチ触りながらブラのホックを外しブラを抜き取る。
すでに乳首が可哀想なくらいに固くしこっていてました。
しばらく若い体を舌と手で堪能しましたが、息子は興奮でカチカチになっていて我慢の限界。
下を脱ぎ捨て葵の目隠しを取りベッド下にひざまずかせを指示。
ぎこちない舌使いで柔らかい舌がを。
目を見ながらを舐めさせましたが
井上真央似のロリ顔が上目使いで 羞恥と興奮と不安が折り混ざった表情でどす黒く、血管の浮き出たグロテスクなものを小さい口で一所懸命に奉仕する光景はもの凄い興奮でした
しばらく舐めさせたあと火の付いた嗜虐心を抑えきれず小さい頭を鷲掴み、口内に好き放題に凶悪棒を突き刺す
「うぐっ… ゴホッ 」と苦しそうに涙を流しながら耐えていましたが、こちらも我慢が限界に。