俺:当時高2。
顔は普通
後輩:当時中3。
顔は成瀬心美ってわかるか?あれを結構地味にした感じ
後輩とは中小同じだった
俺と後輩の母親は中学校同級生で、家も割と近かった
そして家族絡みの付き合いが多い
でも後輩とは会ってもあんまり話した事がなかった
最初に会ったのは後輩一家がこっちに引っ越してきた時で、確か俺が中1のころ
第一印象は、気味が悪いの一言
目の焦点があってないしまともに話してもくれない
おばさんは「この子は人見知りだから」とか言ってたけど絶対それだけじゃなかった
で何度か飯食いにいったりで、やっと一言二言話してくれるようになった
あと後輩と一緒なのは中学からだった
それで大して進展も無く、後輩が中学に入っても会ったら会釈してくるくらい
部活にも入ってなかったので、帰る時間もずれてたし接点は時折家族で飯食べに行く時くらいだった
それで俺が高2の夏休みの頃、後輩が突然家に遊びに来た初めての事で親も驚いていたけど、快く迎えてリビングのテーブルでテレビ見ながら何やら話してた
俺は特に話す事もないし、気まずいので自分の部屋に
ゲームしてると、後輩がノックして部屋に入って来る
俺がゲームしてるのをベッドで座ってずっと見てた
本当に気まずくて、全く話さないのにずっといた
しばらくすると無言で部屋を出て行く
そのまま親に挨拶して帰った
それからはもう頻繁にうちに来ては俺の部屋に来てずっと無言でゲームを見て帰るの繰り返し
ある日母親に「あんたあの子と仲いいのね、あんたと部屋でお喋りするの楽しいってあの子言ってたよ」とか言われてゾッとした
あいつが部屋に来て交わす言葉なんて「おう」「どうも」くらいなのに
そして夏休みの後半、後輩が泊まりにくることになった
理由は家族旅行について行きたくないとかで
三日間もあいつが家に居るなんてとてもじゃないが耐えられないから友達の家に泊まりに行こうとしたが母親に却下された
あんたがいないとあの子もうちに居辛いだろと
あいつが寝るのは一階の和室
俺の部屋は二階
もう仕方ないと諦めて、部屋も遠いので我慢することにした
一日目、来てから飯トイレ風呂寝る以外いつも俺の部屋
異常に話しかけてきたけど、ああとかそうとか適当に返してた
それが本当に不気味で、こいつ頭おかしいんじゃねえかと思ってた
あいつが寝る為に俺の部屋を出ると、気が抜けどっと疲れが出てすぐに寝る
二日目もそうだった
三日目、他の日と同じようにあいつが寝る為に部屋を出て、俺もゲームを消して寝る
ふと目が冷めると、馬乗りになって腰振ってる後輩がいた
頭の処理が追いつかなくて何秒か俺は唖然としたままだった
俺の目が覚めたのがわかると、後輩は俺の首を締めながら腰を振り続けた
目ひんむいて「フーッフーッ」とか言ってる女が首を締めて腰振ってる
怖いし苦しいし、声なんて出せる筈もなく冷や汗だけが滝みたいに出てた
普通萎える筈なのに、ちんこは勃ちっぱなし
めちゃくちゃこしょばくて腰が震えてたのを覚えてる
こんなので童貞無くして俺は死ぬんだ
そう思うと悔しくて涙が止まらなかった
何故途中で起きられなかったのか
何で無理言ってども泊まりに行かなかったのか
いろんな事を後悔した
俺が嗚咽してるのを見てか、後輩が首から手を離して、腰を止めて俺の顔をじっと見る
いつもみたいに焦点の合ってない目で数秒俺を見つめてから、ゆっくり腰を離して、パンツ履いて何事も無かったように「お休みなさい」と言って部屋を出て行った
安心と理解できなさに放心状態のまましばらくして、明かりを点けてちんこを見るとあいつのまんこが汚れてたのか、血なのか、茶色いカスがチン毛と本体にこびり付いてて、気持ち悪くて吐きそうで直ぐに洗い落としたくて風呂場まで走った
何度も何度も洗って、もう出ようと思って立ち上がっても、まだ気持ち悪くてまた洗う
ずっと涙が止まらなかった
あんなクソみたいな女に童貞奪われて、あいつは何もなかったみたいに部屋を出て行って
もしかしたら寝てる間にキスとかもされたかもしれないとかも考えて、洗いすぎなくらいに洗った
さすがにもう洗い過ぎだと自分でもわかったので風呂をあがって、眠りにつく
当然すぐに寝られる訳も無くて、洗った筈なのに汚れた感覚がずっとあった
その時は必死に、忘れようとただそれだけを考えた
吐きにいってベッドに戻る、吐くものもないのにまた吐きに行く
繰り返していると何時の間にか朝になっていた
母親に呼ばれてリビングへ
調子が悪いのか、夏風邪は馬鹿しか引かないらしい、とかそんなこと言われながら席につく
後輩はまた何もなかったみたいにリビングに来て、何も無かったみたいに飯を口に運ぶ
俺は一口も食べずに部屋に戻ってまた泣いた
後輩は昼に帰った、勿論俺には何も言わずに
その日から後輩は全く家にも来なくなったし、家族で飯を食べに来る時にも来なくなったらしい
当然俺も行かなくなったけど