子どもの塾代稼ぎにと思ってパートを始めました。
仕事の前に、毎日寄っていたコーヒーショップである男性と
知り合いになりました。丁度時期を同じくして夫の浮気が発覚
し、彼に相談しているうちに仕返しをしようとかではないので
すが深い関係になってしまいました。
週末の土曜日や日曜日、旦那が休みの日はパートが終わってから
彼とデートして愛し合う生活がヶ月くらい続いた頃に、その
事件は起こりました。
ある日、仕事からの帰り道に見知らぬ男性から呼び止められました。
「あの、すいません、少し時間ありますか」
私はどうせアンケートか何かだろうと思って素っ気無く断ろうと
「時間無いです」と顔も見ずに行こうとすると、その男性が
「これ奥さんですよね」と言って一枚の写真を見せられました。
私はその写真を見て唖然とし、思わず立ち止まってしまいました。
写真は、私が彼とホテルに入る時と出るときの様子が写ったもの
です。私はこの写真が何故取られこの男性から見せられている
状況の整理がつかず困り果てていると、男性から「急に驚いた
と思いますが、私は興信所の者です。この写真の件で少しお話が
したいのでお時間をいただきたいのです。安心してください、
ご心配されているようなことにはならないようにいたしますから」
と、後から考えれば盗撮するなどとんでもなく乱暴な行為なのに
口調は物静かな印象で、しかも全てを知られているようであり
完全に支配された感じがありました。
男性に言われたまま、従うしかない私は男性の乗用車に乗せられました。
そして、事の経緯を知らされました。男性が興信所というのは本当で
私が付き合っていた彼の奥さんからの依頼で浮気調査をする
中で私との密会が撮影されたとのことでした。
しかし、彼の相手は私だけではなく他にも女性がいたらしく、
彼の奥さんにはそちらの女性との浮気を報告するが、私との
ことは隠して報告しないことも可能だと言われました。
私は少し状況が飲めてきて、ここでお金を要求されるんだろうなとか
お金の捻出がどうすればできるのかとか、いろいろ考え過ぎて
しまい、頭に血が上ってきたと思うと体が震えてきて涙が出て
きました。
すると、興信所の男性が笑いながら「奥さん、大丈夫ですよ、
心配しないで。」と言いながら顔を寄せてきたかと思うと私の
耳元で「奥さん、僕の好みだから一度だけ好きなように抱かせて
くださいよ。それでこの写真の件はチャラにしますから」と。
思いも拠らない話でした。生活がフイになるかと思っていた
時にふっと力が抜け。もう正常な判断をするような状況になく、
拒絶することもできずに頷いてしまいました。
興信所の男性が車をホテルに回す途中で自宅に電話をして、少し
買い物で遅くなることを主人に伝えました。
ホテルに入っても興信所の男性は優しく紳士的に扱ってくれましたが
私はこの男に弱みを握られたことで、心を縛られて犯されるんだ。
そう思うと悲しくなりました。
そして男の言われるままに全裸にさせられ、次々と出される指示
に従い、シャワーも浴びていない体を舐めさせられたり、男の唾液
飲まされたり・・したい放題でした。
やりたくない男とのセックスだったのですが、知らぬうちに感じて
いる自分がいて何度も逝かされました。散々と体をおもちゃにされた後、写真の入ったデータを
目の前で消去させるところを確認し、開放されました。
でも、付き合っていた男性とはこの後家庭が荒れるので別れた
方がいいと言われ、その事で困ることがあれば連絡して来いと
連絡先を教えてもらいました。
困ることは無かったのですが、時々連絡してはその男性の言うとおりに
体を許す関係になってしまいました。