続きです。オジサンはランドセルを背負ったままの私のおの穴にオチンチンを入れてきました。痛くて痛くて、オジサン痛いヤメテヤメテって叫びました。するとオジサンはゼリーを出してきておの穴に塗りました。キシロなんとかっていう塗り薬だと教えてくれたけど、痛くて全然気持ちよくありませんでした。
痛くて泣きながらオチンチン抜いてって言うと、オジサンにまだ先っぽしか入ってないで。まなりがあんまり大きい声出したらオジサンは、もっと酷い事したくなるからちょっと我慢してと言われました。
私は怖くなって声をころして泣いていました。そしたらオジサンがクリちゃんをむき出してさっきのを押し付けてきました。<
br>身体に電気が走ったみたいになりました。私は痛いのと気持ちいいので頭が変になりオジサンがオチンチンを抜くまで何がどうなったのか覚えていません。

その後、オジサンは私にオチンチンをくわえさせました。おの穴に入れたオチンチンを口に入れられたので泣きながら舐めていた気がします。
そしてオジサンは次があるか分からんからなと言って、また私のクリちゃんをいぢめ始めました。
の痛みとさっきの刺激で、初めは気持ちよくなかったのに、段々またお腹の下がしました。
まなりはやらしいなぁ。オジサンがいつもいぢってたからすぐ気持ちよくなるやろ。ぐちゃぐちゃに塗れてるわ。次はマンコに入れたるからな
そんな事を言いながら今度はオチンチンをオマンコに入れてきました。
痛くて痛くて気が遠くなりました。オジサンは最高。やでまなり。といいながらグイグイお腹の奥にオチンチンを入れて擦りつけられました。
そしてオジサンはオチンチンを入れたまま立ち上がりました。
足は床に届かないし、オチンチンが刺さって浮いているような状態で、必死にオジサンにしがみついていないとお腹が破れると思いました。
それから四つん這いにさせられて、おの穴にまた何かを入れられました。死ぬと思いました。気がつくと私はをもらしていたんです。
もう字数オーバー。前回レスくれた人ありがとうございます。まだこの先の夏休みを知りたい人がいたら書いてみようと思うけど…少し長過ぎるみたいだし読んでくれてる人がいてるのか心配です。