もうひとつの手がブラウスのボタンを外し、ブラの上から触って来ます。
いやっ!
そう言う口を再びキスでふさぎ、ブラのホックを外し、両手で胸を揉んで来ます。
マットに寝かされ、全裸にされると、人で身体中を舐めまわして来ました。
その舌は私の大事な所へも…
人がズボンを下ろし、大きなアレを見せつけて来ます。もう人も裸になって居ました。
人が、知ってる最近フェラチオってのがあるんだせ!
口に加えさせて抜くんだよ。
気持ち良さそうじゃん!
そう言うと、私の前に立ち、無理やり口に突っ込んで来ました。
苦しかった…
恵美ちゃん手で扱いてよ
扱きながら舐めてよ
大人しく従いました。
おぉ気持ちいい! とろけそう。
数分間やらされた挙げ句に口の中に精子を出して来ました。
不味くて苦くてその場に吐き出しました。
すると、もう人の卒業が私を仰向けに寝かせ、覆い被さって来ました。
恵美ちゃんは処女
処女ならちょっと時間かかるかなぁ…
彼とはキスしか経験がありません。
アソコを指で弄られ、その指が本、本と入って来て…
へへへっ!
恵美ちゃん濡れて来たよ!
もう入れてもいいよね
そう言うと凄い勢いで入って来ました。
痛くて痛くて涙が出ました。
両手はフェラチオさせられた男にしっかり押さえつけられ、身動きできません。
いいよぉ恵美!!
そう言いながら胸を揉まれ舐められ…
必死に耐えました。
もうすぐ終わる、もうすぐ帰れる…
そう思いつつ。
やがて男の息が荒くなり、腰の動きも激しくなり…
最後に、度突いて…
私の中に出したのです。
涙が止まりませんでした。
悔しくて悔しくて涙が止まりませんでした。
先に部屋を出た人が隣の部室で
マジ良かったぜ!!
と笑いながら話してます。

制服を着て、逃げるように部室から出ようとした私に、
恵美はもうオレたち人のモノ
また楽しもうね!
そう言いました。
この事は彼にも言えず、もちろん今付き合っている彼も知りません。