私は…
また…
何度もっては倒れ崩れ…
その後も男たちは私の秘部を舐め…口には男の指…胸の先端はしゃぶりつくされ…
すると一人の男が俺を攻めて下さいと言い始め。
もう私がレイプしているかのような状態でした…。
私は元々な一面もあるので俺を攻めました。
四つん這いにさせ…アナル舐め、後ろから玉を握り…気持ちいのここ、どうしてほしいのお汁垂らして悪い子…お仕置きよ…とアナルに指を入れ、はうぅっと唸る男に私は燃え…激しく…アナルを掻き回し、仰向けにしたら指で竿を弾き、悶える男の顔に私は乗り、舐めな。と強要した。
その内男はいってしまい。
残り二人の男に私は食われ、連絡先を渡され、帰っていった。
何がしたかったのだろうか………
お互いによくわからない強姦魔だった。。。
のちに彼らが逮捕されたことを知った。