中学年のとき、古い小さな温泉館で、  泊まり込みで、掃除とかの手伝いをした。
   女将さんが親戚の知合いだった。
  夕食の時、女二人づれの客がおれをじっと見ていた。
  「女将さん、このおにいちゃん、一晩おいくら」といった。
  女将は「いけませんよ」と笑った。
 ほかの客たちが、こっちを見た。
   一人は若くて、丸々として柳原可○子みたいだった。
 もう一人は中年で、カバみたいな顔だった。
   女将に頼まれて、おれはこの二人と、まさかのエッチ遊びをすることになった。
  「こわくないから、言うとおりにしなさいね」女将はそう言った。
  おれは、二人が待ってる「貸切」の浴室にはいった。
   船のふちに座っていたら、若い丸々さんがはいってきた。
温泉でピンク色になった、実物の全裸ヌードだった。
  おれは勃起を手で隠した。
「恥ずかしいの手はどけましょうね」  丸々さんはそう言って、正面に立って、陰毛を間近で見せつけながら、おれの手をどけた。
 中年のカバさんが、後ろから肩に手をふれた。
    「よろしくねー。こわがらなくていいのよ」と抱きついた。
背中に、乳房がぴったりくっついた。
       おれの勃起ペニスが、二人にじっと見られていた。
 「亀頭は、完全にむけてますね」「おにいちゃん、オナニーするのね。」  「オナニーするとこ見たいですね」   そう言って、丸々さんはおれのペニスをにぎった。
    おれは「‥‥エッチだ‥」と、やっと小声で言った。
「まーエッチだなんて‥‥。いまからいっぱい、エッチなことしましようねー」「やさしくするから、いうとおりにしてね」  おれはカバさんのひざの上に、横向きに座った。
カバさんは両手でおれの顔を押えて、口を強く吸った。
  丸々さんは、おれの両膝を曲げて、開いて、押さえつけて、  おれの勃起ペニスを吸った。
  おれは身動きできず、射精した。
丸々さんはごくんと飲んだ。
  「どうかしらおいしい。」「うん、おいひい」そう言いながら、吸い続けてた。
  「このおにいちゃん、感度よさそう。今日は、あたりね」   カバさんは、自分の友人のうわさ話をした。
「その人はね、風俗の人の紹介で、幼い男の子とお遊びしたんです。   そしたら、あとで大変だったの。警察にばらすといって、脅されたんですよ」部屋にいった。
口うつしに酒を飲まされた。
   寝ている丸々さんの陰毛の上に、横向きに座った。
  丸々さんは、おれの両足のあいだに片足をたてて、「両足ではさんで、腰をふるのよ」と言った。
  そのとおりして、丸々さんの太腿に性器をこすりつけた。
     「あぁー、お上手。もっと」というので、腰を強めにふった。
すごくエッチでおれも気持ちよかったので、また射精した。
      二人は目をキラキラさせて、ふふふと笑いながら、  かわるがわるおれの体中をさわり、舐め、勃起ペニスを吸って遊びつづけた。
  だれかが上に乗った。
おれの勃起ペニスは、ぬるっとその股間に入った。
  そのまま腰をふるので、おれはたまらず射精した。
        おれも調子に乗って、裸の女体をあちこちさわった。
  上に乗って、足を開かせて挿入し、腰をふった。
    「元気ですこと。いいのよ、遠慮なさらないで」  なにをしても、拒まなれかった。
      おれは?回射精したと思う。
挿入して、中でも出した。
 次の日、女将から「バイト代」をもらった。
大金だった。
  「だれにも言ってはだめ」と、こわい顔で言われた。
    近所のパートのさんが、いっしょに片付け仕事しながら、   「あの二人のおかげでは、この館は人手に渡らないで済んだのよ。    女将は、断れないのよ」と、教えてくれた。
「お疲れさんだったね。で、楽しかったの」そういいながら、おれの股間をにぎった。