高校2年のは中学の時から遊び好きで、セックスもやりまくっているという感じでした。
逆に僕は自分で言うのもなんですが、生真面目な小心者でセックスには縁がなく、18歳にして童貞でした。
そんな対称的な二人ですが、兄仲は良いほうで、よく夜遅くまで一緒にテレビを見て話したりもしました。
ある日とテレビを見ていたのですが、その時の服装はノーブラにキャミソール、下はデニムの短パンという格好で、僕は目のやり場に困っていました。
はそんな僕を見て「いいよ別に見たって…」と言いましたが、その言葉に僕は一層照れてさらに意識してしまいました。
は僕の反応を楽しむように足を組んだり、体育座りしたり、「暑い暑い」と言ってキャミソールの紐をずらしたりしていました。
しばらくしては僕の隣に座って来ました。
僕が意識しないように移動してくれたんだと思ったのも束の間、はいきなり僕に寄りかかってきて、「ね、エッチする」と聞いてきたのです。
僕は驚いて「なに言ってんだ」と言いましたが、は「いいじゃん別に」と言って僕のペニスに触ってきました。
「おい、やめろって」と言いながらも、僕は全く抵抗せず、“やめて欲しくない”とさえ思っていました。
は見透かすように笑い「大きくなってんじゃん」と言って、僕のジャージとパンツの中に手を入れてきました。
「ほら、脱いでよ」とに言われるまま僕は慌ててペニスを露出し、はキャミソールをまくっておっぱいをプルンと出してから、いきなりフェラチオを始めました。
突然の展開で舞い上がってしまい、僕はにされるがままでした。
は立ち上がると、僕の目の前でチーッと短パンのチャックを下ろしました。
ノーパンですぐに陰毛が見えました。
キスをしながら短パンを脱ぎ、僕に跨るとあそこにペニスを押し付けながら擦ってきました。
しばらくしてあそこがヌルヌルしてくると、は「兄貴、童貞」と聞いてきて、僕は恥ずかしかったけれど正直に頷きました。
は「中出しはダメだからね」と言うと、僕のペニスをチョイと摘んであそこに押し当ててクイックイッと腰を動かし、ツルンとペニスを入れてしまいました。
はさっきまで笑ってテレビを見ていたのが想像できないくらい、いやらしく巧みにクネクネと腰を動かしました。
僕は夢中での小ぶりなおっぱいを揉み、乳首舐め回しました。
も感じてきたのか「フゥ、フゥ…」と鼻息を荒くし、時折「ん…」と声を出していました。
僕が「出そうだよ…」と言うと、は苦しそうな顔をしながら「ちょ、だめ…もうちょっと」と言って激しく腰を振りました。
「やばいって」と僕が切羽詰った声を出すと、ようやくは「んん、もう」と怒った声を出し、立ち上がってペニスを抜くと、すぐにしゃがんでパクッとペニスを咥えました。
そのまま手でシコシコとペニスを扱き、僕はの口の中に射精させられてしまいました。
「んっ、んぐ」とちょっと呻きながら、は精液を飲んでしまいました。
ぐったりしている僕をよそ目に、はさっさと短パンを履いて何事もなかったかのようにソファに座ってテレビを見始めました。
僕がのろのろと服を着てからちょっとしてはテレビを消して部屋を出て行こうとしました。
出ていく途中、僕に後ろから抱きつき、「兄貴、今度ホテル行ってゆっくりやろうよ」と言ってチュッとキスしてきました。
なんかに犯されたような気分でしたが、あまり嫌な気分ではありませんでした。
それから数日後、の言葉通りホテルに連れて行かれ、たっぷりセックスしました。
が言うには、あの日僕にチラチラ見られてたので「興奮してムラムラしたから襲っちゃった」とのことです。
ヤリマンなところはちょっと気に入らないけれど、結構かわいいし、身体もロリ入ってて好みだし、このまま関係が続けばいいな、と思っているわけで…。