中学生の頃、僕の周りには女の友人が多かった。
彼女らは僕の前でも平気で生理や下ネタを話していた。
男と思われていなかったのだろう。
僕も彼女らに特別な想いを持つこともなく、むしろ同級生にはやや醒めていた。
誤解のないように書いておくが、男の友人がいなかったわけではない。
そんな日々を過ごす中、友人Sの部屋に集まって喋っていて男の性欲の話題が出てきた。
当然、僕に話をふる。僕は正直に話した。
日に回はオナニーすること、ズリネタは雑誌のグラビア、等々。
「じゃあ、ウチらはそういう目では見ないんだ」
確かにその通りだったので頷いた。
チビのKが僕に接近し、自分のブラウスのボタンをはずしだした。
なにやってんだ、と呆れて言うとチビのKは
「ボッキした」なんて言う。
女の子のにおいで僕は勃起しはじめていた。
それをYに見つかり、「さっきと言ってることが違う」と突っ込まれた。
さらに大人しいSまでも「最低」と僕を非難した。
僕は僕で開き直り、男だから仕方ないことだと説明した。
だが彼女らには通用せず、罰としてオナニーの実演をさせられることになってしまった。
ズボンとパンツを下ろしてちんこを握る。
しかし見られながらというのはどうにもやりづらい。
「ねえ、まだ」と言うYに、お前らじゃ抜けねえよ、と返す。
「だめ。見せてくれるまで許さない」と言ってSは僕の手をどけてちんこを握った。
これが産まれて初めての手コキだ。
僕はいけないと思いながらも正面にいたチビのKに精液をかけて
しまった。
もういいだろ、と僕は言った。
「よくない」と当然のようにチビのKは怒る。
「さっきもKでボッキしてたよねやらしいー」とY。
相談の結果、Kの好き放題にされることになった。
KもSと同じように手コキを始めた。だがあまりうまくない。
一旦を休め、Kは汚れたブラウスを脱いで僕に投げつけた。
Kのにおいと僕の精液のにおいが混じりあっていた。
上半身がブラジャーだけになったKは今度はちんこをくわえた。
僕は勃起しながら必死に謝った。
友達だと思っていたのに」
「Kのこと、変な目で見ないで」
YとSに罵られながら僕はKの口の中に射精した。
Kはむせかえり、僕の精液をティッシュに吐き出した。
僕はただひたすら謝った。
それからというもの、僕は彼女ら特にKには逆らえなくなった。