エッチな体験談 レイプ、強姦

レイプ体験・虐待願望、痴漢・痴女などにまつわるエッチな話、体験告白集ですヽ(^-^ )

【辱】★長身のスレンダーな美女が実習に【エッチな体験談 レイプ、強姦】

 環器医の整形外科のポリクリ体験談です。私を含め当時の医学部の学生は、性的関心がもっとも高い10代後半は、きびしい受験戦争を勝ち抜くための受験勉強とかさなり、性欲発散は受験勉強から解放された大学に進んでから行うことになる場合が大半かと思います。

 最近では、結構、高校生時代に積極的に性欲発散をする学生もいるかと思いますが、この当時は、このような学生は少数派でした。この性欲発散をする大学時代というのが、我々医学生の場合は、医学書を読む時期とちょうど重なるわけです。
 そうなると、医学書の中に記載されている子宮やら、膣やら恥骨などの女性に関わる医学用語を見るたびに興奮したり、また、医学書のなかには一般の書物には載っていない女性の性器の写真などがのっており、医学書がポルノ写真に取って代わることす続きを読む

【辱】★洗面所でイキナリ襲わられました【エッチな体験談 レイプ、強姦】

 33歳です。結婚してます。結婚して家を建てることを目標に子供も作らずに、昨年やっと念願のマイホームを。それから子作りに励みましたが、色んな事情で出来ずにいました。私は平日の午前中だけ、友人の仕事のお手伝いをさせてもらっています。

 軽作業を伴うので、お手伝いを終えて帰ってくると、必ずシャワーを浴びるのが習慣になっています。その日もそうでした。主人は、1か月の研修も兼ねた出張に行っていました。私はいつものように、仕事を終えて、買い物をし家に戻りました。
 そして、いつものようにシャワーを浴びようと、洗面所で服を全て脱いだ時でした。ふっと体がいきなり浮きました。後から頭から顔までが隠せるようなマスクをした、体格の良い人に持ち上げられたのです。続きを読む

【辱】★体をオモチャにされるのは仕方ないのか?【エッチな体験談 レイプ、強姦】

 仕事でミスをしてしまい、それを課長に報告しました。課長は、このミスの重大さを私に告げて、「おい、これは本当にまずいなぁ・・君、クビになるかもしれんぞ・・」と言います。今、仕事を辞めたら生活も大変だし、

 クビになるのは困るので私は課長に「それは困ります・・どうしたらいいんでしょうか。どうすれば・・」と、懇願しました。私の苦しそうな顔を見て、課長は「そっか」と立ち上がり「じゃ今日の4時に資料室に来なさい。そこでこの問題をどう回避するか話すから。」と言い残し、事務所を出て行ってしまいました。
 時計を見ると2時少し前でした。課長にしてみれば2時から本社のお偉いさんたちとの会議が入っているので、それが終わったら相談に乗るということなのでしょう。続きを読む

【辱】★女だから遭遇する悲しい出来事【エッチな体験談 レイプ、強姦】

 (長文)悲しい事件は1年前の11月、高校2年のときでした私の住むところや通っていた高校は都市部より離れていて、電車は単線で一両ないし朝は二両のワンマン電車だったんです当時、学校が終わるとそのまま塾に通っていたため帰りはほとんど最終電車の前、夜の9時半過ぎの電車を利用していました。

 その日も普段と変わらない時間に電車に乗って帰宅していました。いつものようにわずか数人でほぼ貸切状態の車内でしたが...私は後部ドア付近の4人掛けのBOX席に1人座って友達にメールしていたとき、いきなり1人の見知らぬ男の人がいきなり私の隣に移ってきたんです。(えっ!私を知り合いの人と勘違いなの...?)
 すると男は自分の口元に人差し指を立て(静かにしろ!)と...。続きを読む

【辱】★彼女から出された結婚の非常識な条件とは【エッチな体験談 レイプ、強姦】

 (長分)の真希との結婚式は、私の立場を思い出させるものでした。真希は、私などでは釣り合いが取れないと自覚するほど、美しい女性でした。私なんかと結婚してくれたのは、本当に奇跡のようなものだと思います。

 私がプロポーズした時、真希は私に二つの条件を出しました。それは、一生彼女を離さないことと、彼女が私以外の男性と自由にセックスをすることを認めるというものでした。でも、それは彼女の照れ隠しのようなもので、本気だとは思っていませんでした。
 でも、結婚式の当日、それが本気だったことを思い知らされました。まさか、これから式を挙げる直前の控え室で、元カレの巨根に狂わされる真希を見ることになるとは、想像すらしていませんでした。続きを読む
月別アーカイブ
エッチな体験談相互リンク
エッチな体験談おすすめサイト
少女とのエッチ体験談エッチ体験談が4万件以上!! レイプ体験談 痴漢体験談 不倫体験談・人妻体験談 近親相姦体験談 エッチ体験談 エッチな体験談 フェチ、マニア、性癖
カテゴリー