エッチな体験談 レイプ、強姦

レイプ体験・虐待願望、痴漢・痴女などにまつわるエッチな話、体験告白集ですヽ(^-^ )

痴漢・レイプ

ヤンキー女をレイプ 2/2

27 : ◆8IyxjUFEWw :2008/10/07(火) 09:30:41 ID:TkqQFUI/0 
当然その日は何も無く(あたり前)大川にお礼とまた明日お願いと言われ解放されました。 
翌日も朝8:30にアパート前に行くと、大川だけで待っていて 
「今日は一人だけどよろしく」 
と車のドアを開けてくれました。 
僕は 「行ってらっしゃい。あっ、これ持ってた方がいいでしょ。」 
と言いグッチのキーケースから車の鍵だけ外し、キーケースを大川に返しました。 
それを受け取るといつもの軽い笑顔で 
「じゃ、よろしく。ほんとに悪いね」 
と言い残し仕事に向かいました。 
当然、誰も来ないのわかっているのでとても退屈で無駄な時間が始まりました。途中、部屋に入ってしまおうか? 
などと考えましたがさすがに躊躇し、車内をいろいろ漁ったりして時間を潰していました。 
やっと18時になって、大川が戻ってきて異常が無かった事を伝えると、 
「そっか。ありがと」 
と言いつつ少し不満そうな顔を店た後に 
「こうじ、お礼に飯奢るよ」 
と言うと車に乗り込み、駅近くの居酒屋に二人で行きました。

続きを読む

睡眠薬で会社発足以来一番美人な新入社員を眠らせ、陵辱の限りを尽くす

綾がうちの課に来たのは、たまたま寿退社した子がいて、僕にとっては、素晴らしき偶然以外の何ものでもありませんでした。
綾は、今年大学を卒業したばかりの22歳で、身長が155くらい。
細めだが、胸は大きくて、髪が長く、小西真奈美に似た、(もう少し瞳が大きいかな?)清楚な感じのする、可愛い女の子であった。
あんな子は、10年に一度、いや、会社発足以来…と言う者もいたぐらいである。
当然のように、綾を全ての独身男性社員が狙っていたのかもしれない。
続きを読む

ヤンキー女をレイプ 1/2

5 : ◆8IyxjUFEWw :2008/10/07(火) 08:54:12 ID:TkqQFUI/0 
僕は今年20になる、こうじ(仮名)といいます。 
ちょっと暗くて友達もいません。もちろん彼女だって、年令=彼女いない歴みたいなさえない奴です。 
こんな僕だから、中学の頃はタメのヤンキー達には、いいようにいじられかなり馬鹿にされていました。 
それ以来、ヤンキー、不良という人達を見ただけで、毎回逃げたり、こそこそ隠れて日々過ごしてきました。 
あの日までは…

6 : ◆8IyxjUFEWw :2008/10/07(火) 08:55:31 ID:TkqQFUI/0 
あの日というのは、今年の1月3日、実家は商売をしている為、僕は父親に頼まれて事務所に飾る為の破魔矢を買いに、地元ではそこそこ大きな神社へ行きました。 
一人で破魔矢を買って、初詣もついでに済ませて、境内を歩いているといきなり後ろから肩の辺りをパンチされました。 
びっくりして振り向くと同じ中学だったヤンキーの後藤がニヤニヤしながら 
「おう!こうじじゃね~か」 
と慣れ慣れしく肩を組んで来ました。僕は愛想笑いをしながら内心は 
…うわ~最悪だ。逃げなきゃ… 
と、焦っていましたが後藤は肩を組んだまま僕を神社の裏の方へ連れて行きます。
続きを読む

塾の先生に・・・

33才・独身のOLです。遠い遠い昔の話ですが、その記憶はあまりにも生々しく、今も時折私の体を熱くします。私が中学2年生の頃の話です。高校受験の準備をするべく、が捜してきた塾に通うことになりました。ご自宅の一部を塾として使用されていました。先生は独特の風貌の持ち主、年令は60才近かったのではないでしょうか。黒ぶちの眼鏡にベレー帽をかぶり、葉巻きを常に口にくわえていて芸術家を気取っているように思いました。紫に近い赤黒い皮膚の色に異様に大きな鼻が目立つ、今思えばかなり卑猥な顔だちでした。2回目の結婚だとかで、年の離れた若い奥様と生後間も無い男のお子さん。水商売出身奥様の放つ独特のフェロモンに、中学続きを読む

海水浴場で人妻をレイプ

334 :随分昔のスレの713:2011/12/26(月) 23:02:46.68 ID:mYN6VGv90
それは、会社が夏休みで静岡県の某海水浴場に三人で行ったときのこと。 
昼間は海岸でゴロゴロして、女の子に声をかけたりして過ごしていた三人だったが、 
夕食後、やっぱりレイプツアーに出かけることにした。 
こういうときは凄いもので、夕食でもビールは一滴も飲まない。 
若い男が三人でお酒を飲まないものだから、民宿のおばちゃんたちも変な連中だと思ったかもしれない。 

民宿からいつものワゴンで出かけたはいいが、海水浴場の夜はそれなりに人通りが多い。 
しかも女の子はカップルかグループ。一人で歩いている女なんていないことに気がついた。 
海岸でチュッチュしているカップルを襲うか、という話しもでたが、さすがにそれはやめた。 
それで、狙いを定めたのが、ある大企業の保養所の入り口の坂道。保養所は山の中腹にありかなりの客がいるように見えた。 
そこから下の道路に降りたところは人通りも少ないが小さな雑貨屋があって、その前の自動販売機に飲み物を買いにくる客がちらほらといる。 

しばらく待っていると、Tシャツに短パンの女が一人で坂道を降りてきた。 

続きを読む
月別アーカイブ
エッチな体験談相互リンク
エッチな体験談おすすめサイト
少女とのエッチ体験談エッチ体験談が4万件以上!! レイプ体験談 痴漢体験談 不倫体験談・人妻体験談 近親相姦体験談 エッチ体験談 エッチな体験談 フェチ、マニア、性癖
カテゴリー