エッチな体験談 レイプ、強姦

レイプ体験・虐待願望、痴漢・痴女などにまつわるエッチな話、体験告白集ですヽ(^-^ )

レイプ体験談

誰も手をつけていない花園を踏みにじることは、まさに強姦冥利につきるものである



自分は、当時、童貞
恐らく風俗に連れてってくれるものと期待して、 「はい、自分は大丈夫です。よろしくお願いします」と頭を下げた。
実際、口は堅いほうで、事実、今回の話も25年間、黙っていたほどだ。
3人は、上の先輩が所有していたボンゴワゴンにのって、自分達の工場がある埼玉から、群馬へと走っていった。
当時、関越がなかったので、254をひたすら走った覚えがある。
「随分、遠くへ行くんですね」というと、「うん、まあな・・・地元だと足がつくから」と先輩。
そのとき、自分は、まだその意味がわからなかった。
車は、田舎の駅から少し外れたところにある道に止まった。続きを読む

生保レディゆかり



ある日、いつもと違う生保レディが職場に訪れた。
昼休みを目掛けて、俺の唯一楽のしみ、安眠を妨げる生保レディが正直ウザったく感じていた。
しかも、若い娘ならいざ知らず、年配で無理に色気を演出した俺の部署担当の生保にはいささかウンザリしていた。
なので、いつも寝たフリを決め込んでいた。
一応、そのオバサン生保会社の保険に加入していたのだが・・・。
それがある日、違う女の子を連れて生保オバサンが訪れた。
「明日から担当が替わります・・・」そう紹介された女の子は、ゆかりという。
「はじめまして、よろしくお願いします・・・」濃紺のスーツに身を包んだその生保レディは、控えめな笑みで俺に挨拶した。続きを読む

嫁が外泊した隙に、いつか強姦しようと思っていた義母にチャンス到来



なにしろ女っぽい仕草が堪らないのだ! 育江はに行った次女の女ばかりの育ち、自分も女だけの育ちの為、男の俺に興味津々で俺と話す時なぞは真直ぐ潤んだ目で見つめで頬を赤くする事がある。
3人で出かけた時、の目が届かない時に足場の悪い道を育江の手を握り支えてあげた。
育江は俺の手を強く握ってきて、なかなか離そうとしなかった。
その時も頬を赤くしとても可愛かった、チャンスがあれば抱けるかも知れないと思った。
それからは家ですれ違う狭い廊下や台所では、なるべく身体が触る様にわざと押し付けながら通る。
無言で反応が無い素振りをするが、毎回触る事を嫌がってなく意識しているようだ。続きを読む

営業中の女をスーツのまま犯すというシチュエーションに興奮



11月にマンションへ光ファイバーが通ったから光にしましょうと営業に来た。
その子は21歳ちょいぽちゃで、胸は大きく、顔はまぁ・・・普通程度かな、贔屓目に見て。
上司が下で待ってるからと、それほど長話はその時は出来なかったが、その後すぐに、今日は来てくれてありがとう、と電話を入れて、もう一度パンフレットだけ貰えないかと言ってみる。
それを持ってきたときは上司も居ず、後は4時間ほど一人で訪問して帰るだけだという。
その子自身よりも、営業中の女をスーツのまま犯すっていうシチュエーションに興奮して世間話から恋愛話、そしてそれとなくボディータッチとエスカレートしていき、結局来て1時間位で抱けました。続きを読む

「犯された妻の水着」を読み・・・



この体験談中にある「犯された水着」を読み、3~4年前に自分がしていた事を記したいと思いました。
私は関東にある某海水浴場付近に住む住人です。
実際、付近に住む住人は海水浴客を快く思っていない者が多く、私もその中の一人です。
騒音やゴミのポイ捨ては言うに及ばず、事件や事故も多く、そのたびに地域の住民が迷惑を被っております。
「海水浴客は貴重な収入の源だ。」という、一部有力者の圧力もあり、私どもも渋々ながらもその言に従っておりました。
そんなある日、休日だと言うのに町内会からの呼び出しがあり、海水浴客の利用する駐車場の整理係をするはめになりました。
せっかくの休日を潰された怒りを必死にこらえ、駐車場の整理をしていると地味ながらも楚々とした感じの二十代後半から三十代前半といった年齢の人妻が目の前に立っていました。続きを読む
月別アーカイブ
エッチな体験談相互リンク
エッチな体験談おすすめサイト
少女とのエッチ体験談エッチ体験談が4万件以上!! レイプ体験談 痴漢体験談 不倫体験談・人妻体験談 近親相姦体験談 エッチ体験談 エッチな体験談 フェチ、マニア、性癖
カテゴリー