エッチな体験談 レイプ、強姦

レイプ体験・虐待願望、痴漢・痴女などにまつわるエッチな話、体験告白集ですヽ(^-^ )

レイプ/犯された私

【レイプ/犯された私】もう母親にも妻にも戻れそうもない 2/2

私は行こうか行くまいか考えましたが、昨日聞かされた携帯に録音された『あのときの声』のことを思い出して、言うことを聞くしかないと思い、村上君に言われた通り綺麗にお化粧をして、よそ行きの服装に着替えて出かけました。
9時半過ぎに駅前に着くと、ロータリーの一番端に村上君の車が停まっていました。
村上君の家は相当裕福な家庭らしく、彼の愛車はかなり高価なスポーツタイプの外車です。
窓をノックすると助手席に乗るように指で合図する村上君。
私は周りの目を気にしながら恐る恐る乗り込みました。
「昨日のことが忘れられなくてさぁ」
村上君は運転席から私の顔を覗き込むように言いました。
「えっ?・・わ・・忘れられないって・・そんなこと・・」
私は緊張で口の中がカラカラになり、上手く喋ることができませんでした。
村上君はそんなことを気にせずに車を出しました。
私は窓からの景色をぼんやりと見ながら、いったいどこに連れて行かれるのか?行き先を案じるしかありませんでした。
出発してから1時間ほど走ったところで広い国道から脇道にそれると、そこはラブホテル以外何もないような場所でした。
「さて・・どこにする?お母さんの好きなところでいいぜ」
「えっ!?・・私の好きなって・・そんな・・わかりません・・・」
「わかんねえ?じゃぁ俺が選んでやるよ」
「待ってください・・私はそんなつもりで来たんじゃ・・」
「はぁ?じゃぁどんなつもりで来たんだよ。あんただってセックスしたくて来たんだろう?」
「そ・・そんな・・ち・・違います!」
「へへへ、そんなに恥ずかしがることねえだろう、あ、ここ良さそうじゃん・・」
村上君は嬉しそうに言うと、西洋のお城のような形の妙に豪華なホテルに車を入れました。
ホテルに入ると、誰もいない薄暗いフロントにある色々なお部屋の写真が付いている大きなパネルの前に連れて行かれました。

続きを読む

【レイプ/犯された私】もう母親にも妻にも戻れそうもない 1/2

私の名前は奈津子、42才の主婦です。
きっかけや理由はどうであれ、娘の恋人を奪ってしまった酷い母親です。
10才年上の主人は関西に単身赴任中で、今は20才の一人娘と東京近郊にある海の近くの町に住んでいます。
娘の名前は真奈美。
都内にある女子大の2年生で、村上君と言う同じ高校を卒業した22才の彼氏が居ました。
外見だけで言えば、とても爽やかな感じの一流大学に通っている男の子で、正直に言えば、もしも私が若くて独身だったらこんな彼氏が欲しいと思うような子です。
真奈美には知られていませんが、今年の4月、私は真奈美の留守中に訪ねてきた村上君に犯されてしまい、それ以来泥沼のような不倫関係から抜け出せなくなっています。
その日の朝、真奈美はサークルの春合宿に3泊4日の予定で出かけて行きました。
掃除と洗濯を済ませて、ありあわせの昼食をとった後だったので、ちょうどお昼の1時を過ぎた頃に村上君は訪ねてきました。
私が不審に思ったのは、村上君は真奈美の彼氏なんだからこの日から合宿で居ないことくらい知っているはず、それなのに家に来たことです。
私は玄関先でそのことを聞いてみましたが、「合宿があることは聞いていたけど、就職のことなどで忙しかったからすっかり忘れていた」と言いました。
村上君は普段からとても律儀で真面目な子だったので、私もうっかり信じてしまいました。
そして、「せっかく来たのだからお茶でも」と言って、私一人しかいない家の中に招き入れてしまったんです。
村上君を居間のソファーに案内し、私がお茶の支度をしている時に悪夢は始まりました。
私は村上君に背を向けてお茶やお菓子を用意していたので、彼が背後から近付いて来ていた事に全く気付きませんでした。
ティーカップとお皿をお盆の上に置いた瞬間、村上君に後から羽交い絞めにされたんです。
私はパニックになり何が起こったのかしばらくの間理解できませんでした。
そしてそれに気付いた時、私は居間の隣にある和室に置いてあった干してベランダから取り込んだばかりの布団の上で村上君に組み敷かれていました。

続きを読む

【レイプ/犯された私】私の中の「淫乱」が目覚めた出来事



結婚して5年目の30歳です。
2年前に購入したマンションに住んでいます。
主人は淡白で、ここ12年はセックスも数ヶ月に1度。
ほとんどレスの状態です。
ご近所の仲の良い奥様たちと集まっては喫茶店などで
「うちもなのよ」などと話をしては、「うちだけじゃないんだ。
これが普通なのかな」と思い諦めています。
ある日の夕方、買い物を済ませマンションのエレベーターに乗ろうとすると
1人の男性がエレベーターを待っていました。
私よりも少し背が高く痩せていて、
短パンにポロシャツという服装でメガネをかけた人でした。
どこのご主人だろう、と思いながら
「こんにちわ」と挨拶をすると、男性もチラっとこちらに顔を向け小さな声で-----続きを読む

【レイプ/犯された私】恐ろしい父の性癖・・・続き・・・



父とのセックスはその後暫く有りませんでした。
父も あの件以来、自分の行為が行きすぎであったことを悟り 私の事を気遣っ
ていたようです。
セックスは無かったですけど、愛撫は変わらず続けていました。
子供の私も父とのセックス未遂があってから性に関しての興味が今までよりも
強いものとなり その行為の意味や知識も多少理解していく事となりました。
◎男性はセックスしたりエッチなことを考えた時には勃起といっておちんちん
が大きくなり硬くなること。
◎勃起した性器を女性器に差し込み前後して刺激を与えると先から液体が出て
気持ちが良いこと。
◎先から液を出すことは自分でも出来ること。
◎それが あの晩 父が居間でやっていた行為でオナニーという行為な事。。。-----続きを読む

【レイプ/犯された私】恐ろしい父の性癖・・・



私には忘れられない過去があります。
この記憶が今も私の体に染みついていて色々な場面で私を苦しめています。
彼にセックスばかりを求め普通の恋愛が出来ないのもその一つ。
異常に強いレイプ願望があるのもその一つです。
私の中で“不安や恐怖から逃れる為の手段”と“セックス”は限りなく
に近く。
それは相手が誰であっても恐らく女性であっても…何かうまくいかない摩
擦や軋轢を生じた時には その相手と狂おしく交わりたい衝動に駆られてしま
うのです。
セックスすることで相手に許してもらいたい、守ってもらいたいという願望が
あり、セックスをするほどの仲なのだから それは気に入られた受け入れら
れた事の証と思い込んでしまう…そんな癖が私には有るのです。-----続きを読む
月別アーカイブ
エッチな体験談相互リンク
エッチな体験談おすすめサイト
少女とのエッチ体験談エッチ体験談が4万件以上!! レイプ体験談 痴漢体験談 不倫体験談・人妻体験談 近親相姦体験談 エッチ体験談 エッチな体験談 フェチ、マニア、性癖
カテゴリー