エッチな体験談 レイプ、強姦

レイプ体験・虐待願望、痴漢・痴女などにまつわるエッチな話、体験告白集ですヽ(^-^ )

アクメ

婦警をレイプ 5/5

つい2時間ほど前まで、こんな女が彼女やったら、ってマジで考えてた由香里が目の前でずぶ濡れのショーツ1枚で横たわってる。
隣では、竜司に替わって武士が百合子をバックから犯してるが、もう気にならない。
それよりも、早く由香里と結ばれたい! 上手く書かれへんけど、犯したいんじゃなくって結ばれたいって気持ちやった。
まだピクリとも動かへん由香里が心配になって、呼吸を確認したらちゃんとしてた。
2時間近くもショーツを脱がさず、肝心なあそこは見てない。
よくこれだけ我慢できたもんやと自分に感心。
由香里の開いた足を踏まんように、ベッドに上がって膝を付く。
真上から見下ろすようにして、ショーツのゴムに手をかけた。続きを読む

友達の女に中出ししてしまった… 2/2

「ほっホントにやめて!・・んっ!・・・これ以上したらもう◯◯さんと会えなくなるよ!・・くっ・・んっ!」彼女の声を聞きながら(どうせここでやめても会ってくれないだろうに)と最後の覚悟を決めて彼女を辱める決意をかためていきました(w「んはっ・・・んんっ!○○さんアカンてば!!・・・ぁんっ!」 彼女は逃げようと腰をよじりますが、腰を私の手がガッチリと押さえてるので逃げることはできません。
「ちょ、ちょっと!ほんまにアカンってば・・・んんっ」やはり彼女は私との関係が壊れてしまうことを恐れてるようでした。
でも覚悟を決めた私はもうとまりません(w指を激しく奥まで突くとグチュッグチュゥといやらしい音が部屋に鳴り響きました。続きを読む

婦警をレイプ 4/5

竜司の鞄から催淫剤のチューブを取り出すと人差し指に2cmくらい出した。
白色と言うより半透明のメンソレータムみたいなやつ。
竜司が声をかけてきた。
「それ、メチャクチャ効くから、ほんのちょっとでええで。そんなちょっとで2万もしたし」あいつ誰に使ったんやろ?催淫剤なんか使ったことない俺には、こんなもんで女がよがり狂うなんかイマイチ信じられへんかった。
「ちょっと!・・・なにそれ?・・・なにする気?・・・」不安そうに見る由香里。
「催淫剤やて。竜司が買うたんやけど、俺は使ったことないから分からへん。 由香里、感じてない言うから感じるように使ったるわ。」「いや・・・そんなん使わんといて!・・・いやっ・・・いやって!・・・」ゆっくり手を股間に近づけると、必死に腰を振って逃げようとするけど、両手両足を縛られてるからそれも無理。続きを読む

婦警をレイプ 3/5

ペニスへの甘い刺激を期待していた俺は、突然の股間の激痛に初めは何が何か分からなかった。
「ウガッ!」そんなような悲鳴を残して膝をベッドまで落とす俺。
由香里が俺の金玉を1つずつ両掌で握っている。
まだ、これでも由香里を信じていてプレーの一種だと思っていた俺は「ちょっ・・・ちょっと痛いわ、由香里・・・。もうちょっと優しくしてぇや。」「そっちの2人!百合子のロープ解き!言うこときかへんかったら、こいつのん潰すで!」こう言われて初めて、今までの従順さが全部演技で、反撃の機会を狙っていたことが分かったが、今までの人生で経験したことがないような心境やった。
裏切られたの一言で片付けられへん・・・、屈辱と言うか惨めというか・・・。続きを読む

旦那がいるのにレイプされた巨根男のセックスにハマッてしまった… 2

あれから男をマンションの自宅に迎え入れたのは、今日で5回目になります。
男の言うように、私は男の訪問を拒むことができず、ズルズルと淫らな関係を続けてしまいました。
そして、回を重ねるごとに、この憎き男によって、女としての悦びをさらに深く、教え込まれているのです。
「さあ、お前も脱げ。今日は一緒に入るぞ。」お風呂に一緒に入ることを命じられたのは、この日が始めてでした。
「いえ、私は朝、シャワーを浴びましたから・・・」私は苦しい言い訳をして、何とか男と一緒に入ることを避けようとしました。
なぜなら、この男がただ一緒にお風呂に入るだけで済ませるわけがないからです。
それこそ、せまい浴室の中で、いつものように執拗な愛撫にあったら・・・その声はご近所にも響きわたってしまうでしょう。続きを読む
月別アーカイブ
エッチな体験談相互リンク
エッチな体験談おすすめサイト
少女とのエッチ体験談エッチ体験談が4万件以上!! レイプ体験談 痴漢体験談 不倫体験談・人妻体験談 近親相姦体験談 エッチ体験談 エッチな体験談 フェチ、マニア、性癖
カテゴリー