エッチな体験談 レイプ、強姦

レイプ体験・虐待願望、痴漢・痴女などにまつわるエッチな話、体験告白集ですヽ(^-^ )

スポーツ

【レイプ体験談】同じマンションに住む凄い可愛い中学生と…



同じマンションに住む凄い可愛い中学生と… 春ぐらいから、マンションの玄関でよく会うコがいるんです。
礼儀正しくていつも挨拶してきます。
ちょっとだけ会話を交わした事があったのですが、中学生2年生だといってました。
とても元気が良く明るいコでして、僕が帰宅する時間と下校時間が一緒みたいなので、よく会うんですね。
両親が居酒屋を営んでるそうで、いつも親の帰りが遅いようです。
いわゆる鍵ッコですね。。
週末も1人が多いそうです。
4月に転校してきたばかりで、そんなに仲の良い友達も作れていないそうです。
そう思った僕は「今度、部屋に遊びにおいでよ」と誘ってみました。
ゲーム好きらしく、僕もゲーム好きだよって言ったら一緒にやろう!って嬉しかったみたいでした。-----続きを読む

転校生



「行ってきます…」小学生の太郎は誰もいない家に向かってそう言うと学校へ歩き始めた。
桜が舞散る都会の町並みを歩きながら、太郎は新しい学校でうまくやっていけるか不安でいっぱいだった。
なにせ、その小学校で六 年生の男子は太郎だけだと言うのだ…太郎はずっと田舎の山奥に暮らしていた。
太郎の通っていた学校は太郎を含め三人しかいなかったのだが二人いた六年生が卒業して、今年から太郎一人になってしまう事にともなって小学校が閉校してしまったのだ。
太郎の両親は農家なので引っ越す事は出来ないが、なんとか太郎に小学校に通わせようと都会のマンションに太郎を住ませて学校に通わせる事にした。続きを読む

【レイプ体験談】姉をレイプして妊娠させてしまった結果・・・・・・・・



http://blog.r18matome.com/archives/36135508.htmlレイプして妊娠させてしまった結果・・・・・・・・ 4: 名前:えっちな18禁さん 投稿日:2011/03/15(火) 08:14:07.05 ID:uHqC3y9mO高2の時、2歳上のと取っ組み合いの喧嘩をした時に、抑えきれない衝動が走り、そのままレイプ同然にセックスした。
が親に訴えないかとビクビクしたが、言わないと確信してからまた同じことを繰り返した。
3年ほどそんな関係は続いたが、の結婚と同時に解消。
…と言いたいけれど、今でも時々会ってもらっている。
 5: 名前:えっちな18禁さん 投稿日:2011/03/15(火) 10:55:36.76 ID:olvbJWmeO今でもセックスしているのかどうかが大切だ6: 名前:えっちな18禁さん 投稿日:2011/03/15(火) 12:08:52.61 ID:uHqC3y9mO>>5 時々会って、セックスする。-----続きを読む

【レイプ体験談】同じマンションに住む凄い可愛い中学生とのH体験



なんだか、全然警戒しないなぁ…というのが印象でした。
ちょっと日焼けしてて肌も凄く綺麗でした。
「髪、きれいだね」といいながら髪を撫でてあげると恥ずかしそうにこっちを向いて笑いました。
ちょっとドキッとしましたが、さらに!「日焼けしてるね?」といいながら、太股のあたりを触ってみました。
部活で日焼けしちゃった」と、まったく警戒しないんですよね。
その時、『これはイケル!』と確信。
嫌がれたらやめればいいやと思い、「あっ、ここも日焼けがはっきりわかるね」と、Tシャツの胸のあたりを指でひっぱりました。
ノーブラでしたので乳首が見えた!「わっ!エッチ!」彼女は恥ずかしそうに隠しました。
「お兄さんは凄くエッチだぞぉ」とふざけたフリして、体中を触りました。-----続きを読む

【レイプ体験談】隣のお姉さんを犯る・・中編



パン、パン、と肉を打つ音が部屋中に響きわたる。
天にも昇るような心地とはこのことだろう。
でも、抜いた回数が半端じゃなかったため、気持ちいいんだけど、なかなかフィニッシュには至らない。
結果としてピストン運動が激しくなる。
ふと、結合部に目をやると、白濁した彼女愛液がオマンコの周りにまとわりついている。
放射状にシワが寄るの穴がヒクヒク蠢いている。
たぶん、俺のチンポコは最高の硬度を保ったままの筈だ。
しかし、もう、その感覚もない。
両手でを鷲掴みにして、掘削機のように、俺は腰を動かし続けた。
「あっ・・・あんっ、あんっ」俺の腰の動きに合わせて喘ぎ声が響く・・・いい声だ。-----続きを読む
月別アーカイブ
エッチな体験談相互リンク
エッチな体験談おすすめサイト
少女とのエッチ体験談エッチ体験談が4万件以上!! レイプ体験談 痴漢体験談 不倫体験談・人妻体験談 近親相姦体験談 エッチ体験談 エッチな体験談 フェチ、マニア、性癖
カテゴリー