エッチな体験談 レイプ、強姦

レイプ体験・虐待願望、痴漢・痴女などにまつわるエッチな話、体験告白集ですヽ(^-^ )

スポーツ

【レイプ体験談】主要な米国メディアが朴槿恵の失態を連日報道

1:荒波φ★:2013/05/13(月)11:17:06.91ID:???「朴政権にとってこれほど恥ずかしいことない」 米国メディアは尹昶重(ユン・チャンジュン)前大統領府報道官の「セクハラ(性的嫌がらせ)スキャンダル」を連日詳細に報じている。
 ニュース専門放送局CNNは「(韓米首脳会談に対する)高評価でメディアを飾ることを望んでいた朴槿恵(パク・クンヘ)政権にとって、今回の事件ほど恥ずかしいことはないだろう。韓国メディアは韓米同盟60周年ではなく、尹前報道官のスキャンダル一色になった」と報じた。
 米紙ニューヨーク・タイムズは「訪米で成果を挙げた朴大統領だが、いわゆる『尹昶重スキャンダル』で打撃を受けるだろう。尹前報道官は大統領選挙前に保守派の論客として活動していたときに過激な表現で物議を醸したが、反対派の声があるのにもかかわらず、(朴大統領が)大統領府報道官任命を強行したため、『悲劇は予想されていた』と批判されている」と書いている。-----続きを読む

【痴女】バレンタイン・デー



マサオくん、いつもありがと。
はい、これ登喜子から。
バレンタイン・デーのプレゼントよ!」寒空の中、いつものスポーツ・ウェアに身を包んだ快活な少女が、赤いリボンをつけた大きめの箱をスポーツバッグから取り出し、上着の上からでもわかるような猫背の小男に向かいにこやかに差し出す。
爬虫類のような表情のない男の眼差しにも、動揺した様子がうかがえる。
「あなたは私に気づかないようにしてるつもりだろうけど、全部知ってるよ私。」男の表情が凍りつく。
「扉の影から私のこといつも見てるでしょ? こっそり写真を撮ったり、買い物のときも、私の後に同じものを買ったり、それに……」登喜子は彼のしてきたことをひとつひとつ思い出そうと、首をかしげながら言葉を続ける。-----続きを読む

【レイプ体験談】中学の時に先輩にレイプされた体験談

10年くらい前のことですが、書きます。
中学2年のとき、部活の先輩に強姦されました。
部活仲間の前で…地元の公立中学に入り、勧誘されてブラスバンド部に入りました。
勧誘したのは仮にN先輩、とします。
明るいけど軽薄そうな、女友達もたくさんいるような先輩で、入部した後にかなりの遊び人らしい、という噂もたくさん聞いていました。
でもまだ子どもで男性にも慣れていなかったわたしは、先輩がからかい半分でわたしのことを好きみたいな素振りをするのが嬉しくて、なんとなく先輩のあとをついて周るようになりました。
先輩は3年生だったけど留年していて、病気で1年休んでいたらしいと聞きましたが、義務教育でも留年するのかどうか、わたしには分かりません。-----続きを読む

【レイプ体験談】上級生の痴女に痴漢して大変なことに

俺は40過ぎの正真正銘のおっさん。バツイチ独身の会社員。 
昭和の終わりごろに田舎の高校生だった俺の、学生時代唯一のエロ経験を書く。 
当時の日記と記憶を元に書いたけど、会話なんかは標準語にしてあるし、内容も少ーしだけ脚色してある。 

あ、釣りでしたーとかで終わることはないです。 

おっさんの昔話だし、かなり長いし、気持ち悪いし、エロ描写も多いから不快になる人もいるかもしれん。 
先に謝っとく。ごめんなさい。 

俺が通っていたのは九州の田舎の、地味な新設高校。 
新設なんで、大学進学率を上げるために校則と指導(というか体罰)が異常に厳しかった。 
些細なことでもマジビンタだったし、衣替えの日にうっかり中学時代のボタンダウンのカッターシャツ来て行ったら、バカ教師にいきなり胸倉つかまれたりするようなレベル。 
ボタンダウンのシャツは校則違反だったんだ。 
職員室で、先生が先輩にシウバなみの顔面ストンピングラッシュ入れまくってるのも見た。 

そういう学校だったから、校区内の女子から人気がなかった。 
男女比は2対1とか3対1ぐらいだったから、各学年に男子クラスと男女混合クラスがあって、入学した俺は男子クラスだった。 
男子校ならまだあきらめもつくが、普通に校内を女子が歩いてたりするのに、自分のクラスにはむっさい男子しかいない、というのはなかなか残酷だった。 

-----続きを読む

【レイプ/犯された私】もう母親にも妻にも戻れそうもない 2/2

私は行こうか行くまいか考えましたが、昨日聞かされた携帯に録音された『あのときの声』のことを思い出して、言うことを聞くしかないと思い、村上君に言われた通り綺麗にお化粧をして、よそ行きの服装に着替えて出かけました。
9時半過ぎに駅前に着くと、ロータリーの一番端に村上君の車が停まっていました。
村上君の家は相当裕福な家庭らしく、彼の愛車はかなり高価なスポーツタイプの外車です。
窓をノックすると助手席に乗るように指で合図する村上君。
私は周りの目を気にしながら恐る恐る乗り込みました。
「昨日のことが忘れられなくてさぁ」
村上君は運転席から私の顔を覗き込むように言いました。
「えっ?・・わ・・忘れられないって・・そんなこと・・」
私は緊張で口の中がカラカラになり、上手く喋ることができませんでした。
村上君はそんなことを気にせずに車を出しました。
私は窓からの景色をぼんやりと見ながら、いったいどこに連れて行かれるのか?行き先を案じるしかありませんでした。
出発してから1時間ほど走ったところで広い国道から脇道にそれると、そこはラブホテル以外何もないような場所でした。
「さて・・どこにする?お母さんの好きなところでいいぜ」
「えっ!?・・私の好きなって・・そんな・・わかりません・・・」
「わかんねえ?じゃぁ俺が選んでやるよ」
「待ってください・・私はそんなつもりで来たんじゃ・・」
「はぁ?じゃぁどんなつもりで来たんだよ。あんただってセックスしたくて来たんだろう?」
「そ・・そんな・・ち・・違います!」
「へへへ、そんなに恥ずかしがることねえだろう、あ、ここ良さそうじゃん・・」
村上君は嬉しそうに言うと、西洋のお城のような形の妙に豪華なホテルに車を入れました。
ホテルに入ると、誰もいない薄暗いフロントにある色々なお部屋の写真が付いている大きなパネルの前に連れて行かれました。

-----続きを読む
月別アーカイブ
エッチな体験談相互リンク
エッチな体験談おすすめサイト
少女とのエッチ体験談エッチ体験談が4万件以上!! レイプ体験談 痴漢体験談 不倫体験談・人妻体験談 近親相姦体験談 エッチ体験談 エッチな体験談 フェチ、マニア、性癖
カテゴリー