エッチな体験談 レイプ、強姦

レイプ体験・虐待願望、痴漢・痴女などにまつわるエッチな話、体験告白集ですヽ(^-^ )

ミニスカ

薬で眠らせて



ちょっとお題と違うような気もしますが・・・以前から焼肉に連れて行く約束をしていたので連れて行った。
マッコリを頼んだのだが、席をはずした間に相手の容器に向精神剤と導眠剤を粉末にしたものを混ぜておいた。
マッコリはもともとざらっとしているうえに白濁しているので、多少溶け残っても判らない。
しばらく飲食を続けると、「なんか酔ってきちゃいましたよ?」を連発。
向精神剤のせいか、妙にテンションも高い。
呑むピッチも上がる。
そこで錠剤を取り出し、おもむろに飲む。
「なんですか???」と聞いてきたので、二日酔い防止の薬だと答えた。
#現にソレは二日酔いを防ぐ効果があると言われるシステイン「私にもくださいよ?」というので、しぶしぶ渡す。続きを読む

妻の魅力



事は先日と2人で北海道旅行へ行った時に起きました。
予約でいっぱいのフェリーに乗ったため、2等しか取れなかったのがそもそもの始まりでした。
夜に東京を出発した船ははとんど満員の状態です。
嫌がるを連れて船内に入りましたが、そこは寝る場所も無いほどの状態です。
取り合えず荷物の場所と2人で寝れるスペースを確保しましたが、夜半とはいえ船内はむんむんと暑苦しく、とても寝れる状態では有りません。
の提案で船内を散歩することにしました。
「あんなとこでザコ寝するの嫌よ、若い子とか一人で旅行してるような人ばかりじゃない」「そんなこと言ったって予約しないで乗れたんだからラッキーだと思わなきゃ」私はそうしてをなだめ船室へ連れ戻しました。続きを読む

裏風俗



676名前:コピペ上等!投稿日:03/11/2623:06ID:vPKv8uqZ裏風俗?っていうか謎の風俗に行ってきました。
そのお店は広告の類は出してません。
個人の紹介意外では客を増やさない所みたいです。
私は大学の悪友に誘われ、付いていく事にしました。
郊外のお屋敷みたいな所に到着して、玄関にはいると女将さんがお出迎えしてくれて入会金と今回の費用(高かったです)を取られて奥の部屋に。
しばらくすると女将がアルバムを持ってきた。
結構良い女ばかりだけどずば抜けて凄い…って訳でもない。
が、その下にSM、痴女レイプ逆レイプ、幼児プレイ、アナル等など…と書いてあり、各欄に○とか×とか書いてる。続きを読む

INSTINCT?



「おはよう、匠巳。よく眠れた?」 ツインの宿の一室で目を覚ました匠巳は、澄んだ優しい声が頭の中に染み渡っていくのを心地良く感じていた。
窓際のベッドで、りさが朝日を背に微笑んでいた。
さわやかな、よく晴れた朝だった。
「うん、おはよう」 匠巳はそう言って、体を起こした。
りさは、パジャマ代わりの白いシャツの格好で座っていた。
うーん、と声を上げて、猫のようにひとつ伸びをする。
すでに、きちんと整えてあったりさの長い黒髪が、さらさらと美しく流れた。
 匠巳は顔を洗いに行く途中、ふと、りさを振り返った。
瞳が合った。
りさは、ごく自然に、にっこりと笑った。
まさに天使のような、罪のない笑顔だ、そう感じた。続きを読む

裏切りの報い



彼は、京都の自宅でタバコを吸いながら回想していた。
「ふ?、とうとうやっちまった」彼とは、名前は 朝倉 葉一 (35)、未婚、内科の免許を持ち医者として働いていたが、それは仮の姿で、本業はその世界ではかなり名が知れている一流のスパイAND 暗殺集団「熊の爪」に属していた。
葉一はその組織の幹部で、新しく組織に入った者の指導もまかされていた。
仕事の腕は一流なのだが博打に目が無く、よく組織から注意を受けていた。
そのため、彼には相棒であり親友の、 伊澤 伸二(38)がお目付け役として付けられていた。
伸二は葉一とは違い真面目で組織から信頼されていた。
「200万の借金を返す為とはいえ、組織を売ってしまうとは…まずったな」葉一は頭を抱えてつぶやいた。続きを読む
月別アーカイブ
エッチな体験談相互リンク
エッチな体験談おすすめサイト
少女とのエッチ体験談エッチ体験談が4万件以上!! レイプ体験談 痴漢体験談 不倫体験談・人妻体験談 近親相姦体験談 エッチ体験談 エッチな体験談 フェチ、マニア、性癖
カテゴリー