エッチな体験談 レイプ、強姦

レイプ体験・虐待願望、痴漢・痴女などにまつわるエッチな話、体験告白集ですヽ(^-^ )

人妻

生保レディゆかり



ある日、いつもと違う生保レディが職場に訪れた。
昼休みを目掛けて、俺の唯一楽のしみ、安眠を妨げる生保レディが正直ウザったく感じていた。
しかも、若い娘ならいざ知らず、年配で無理に色気を演出した俺の部署担当の生保にはいささかウンザリしていた。
なので、いつも寝たフリを決め込んでいた。
一応、そのオバサン生保会社の保険に加入していたのだが・・・。
それがある日、違う女の子を連れて生保オバサンが訪れた。
「明日から担当が替わります・・・」そう紹介された女の子は、ゆかりという。
「はじめまして、よろしくお願いします・・・」濃紺のスーツに身を包んだその生保レディは、控えめな笑みで俺に挨拶した。続きを読む

「犯された妻の水着」を読み・・・



この体験談中にある「犯された水着」を読み、3~4年前に自分がしていた事を記したいと思いました。
私は関東にある某海水浴場付近に住む住人です。
実際、付近に住む住人は海水浴客を快く思っていない者が多く、私もその中の一人です。
騒音やゴミのポイ捨ては言うに及ばず、事件や事故も多く、そのたびに地域の住民が迷惑を被っております。
「海水浴客は貴重な収入の源だ。」という、一部有力者の圧力もあり、私どもも渋々ながらもその言に従っておりました。
そんなある日、休日だと言うのに町内会からの呼び出しがあり、海水浴客の利用する駐車場の整理係をするはめになりました。
せっかくの休日を潰された怒りを必死にこらえ、駐車場の整理をしていると地味ながらも楚々とした感じの二十代後半から三十代前半といった年齢の人妻が目の前に立っていました。続きを読む

妻が教え子に犯された 1 



こんにちは、僕は地方の高校の教員をしています、33才の「武田」という男です。
僕は古文を受け持っていまして、小さい頃から文科系の大人しい人間でした。
たぶん東京で働いていたら「アキバ系」になってるような人間です。
僕にはがいます。
は同じ高校に勤めている美術の教員で「ゆかり」といいます。
僕は初めて交際したのが今ので、も僕で2人目の交際相手だと言っていました。
は僕には不釣り合いな程綺麗です。
男子生徒からも人気があるようですが、女子生徒からは「ダサイ」とか「暗い」とか言われているのを聞いた事があります。
僕はファッションには全然興味が無いので分りませんが、の顔は綺麗なのですが、ライフスタイルが今風では無いようなので、男性にも人気がいまいち出なかったのでは?と思います。続きを読む

課長の奥さんと・・

とうとう念願がかなった。
前から狙っていた課長の奥さんを犯す事ができた。
社内ナンバーワンと言われていた同期入社の雅美が結婚したのは1年前、ショックをうけたのは私一人ではなかったと思う。
しかも上司である課長とは、、、しかしチャンスはやってきた。
ある日、課の飲み会で課長が「最近仕事がきつくてアレの時に勃たなくなっちゃったよ。」とボソッと言ったのを私は聞き逃さなかった。
酔った勢いで、ある計画を同期のYとSに相談すると彼らものってきた。
早速、課長の自宅で飲み直しましょう、と半ば強引に3人で課長の家へ押しかけた。
案の定、奥さんになった雅美がピンクのブラウスとミニスカートという服装で接待してくれた。続きを読む

社宅物語「犯される」



私は宏さんに何の抵抗もしないで、簡単にスカートを捲られたうえに色の指定まで指示をされたことに、ある種の反感を感じていました。
今頃、隣では‥私は智子さんと宏さんのセックスが思い浮かべながらタンスの奥にしまっていたミニスカートを取り出していました。
翌日、主人が出かけたあと、早速ミニスカートに履き替えて、鏡の前に立ちました。
「仕方ないかな‥これも主人のため」・ベランダに出て、洗濯物を干していると、下の方で慌しい動きがありました。
それからすぐにチャイムが鳴り出てみると、隣の智子さんでした「今週末に組合の会合があるので出席してくれる?」「はい」「それじゃ」「あのぉ智子さん下で何か騒いでいたようですが」「ああぁあれね」「何ですか?」「気にしなくてもいいわよ、会合の余興の主役が決まったから、そのことよ」「余興って?」「来ればわかるから」「はい」「そのミニスカートいいわね今度、宏さんにあったら自分で捲くって見せてあげることね」「は‥い‥」・しばらくして買い物に出かけようと外へ出ると、里美さんに出会いました。続きを読む
月別アーカイブ
エッチな体験談相互リンク
エッチな体験談おすすめサイト
少女とのエッチ体験談エッチ体験談が4万件以上!! レイプ体験談 痴漢体験談 不倫体験談・人妻体験談 近親相姦体験談 エッチ体験談 エッチな体験談 フェチ、マニア、性癖
カテゴリー