エッチな体験談 レイプ、強姦

レイプ体験・虐待願望、痴漢・痴女などにまつわるエッチな話、体験告白集ですヽ(^-^ )

奴隷

【レイプ・痴漢体験談】高慢な女の上司(13)

「まさか・・・って、ああ、もちろん、サービスの方に部屋の中まで運んでもらいますよ」
「よかったですね、ご開帳です。やっとその姿になった甲斐があるというもんですよ」
「驚くだろうなボーイさん、それとも喜ぶかな?、チェックアウトの頃にはホテル従業員全員の噂になってたりなてこともあるかもしれませんね」
僕は楽しそうに言いますが、彼女のほうはそれどころではないようです。
「まさか本気で言っているんじゃないでしょうね」
「こんな格好のまま、本当にホテルの従業員に見せるつもり?」
「そんなことできるわけないじゃない。大変なことになるわよ」
彼女のほう-----続きを読む

【レイプ・痴漢体験談】最愛の妻を(2)

は黙したままだった。何を考え、思っていたのか。

Yは仁王立ちで喋り続けた。
を一目見た時から、こうしたかった事。私がsm行為をに行っている事。
それをが受け入れているM女である事
(これを言わなければ、次の寝室での行為は不可能になってしまいます敢えて言わせました)。
「今から、寝室でお前がMか確認してやる、来い」
Yはを強引に引き立たせた。は俯いたまま首を振っている。
その顎を掴み、Yはの顔を上げさせる。が視線を外す。
それは私の方を見る結果となった。私は跳ぶ様に身を隠した。
(この時はもう気付かれ-----続きを読む

【レイプ・痴漢体験談】高慢な女の上司(17)

冷たくバスタブの底を見下ろしながら、ぼんやりと、これは奴隷というより家畜と持ち主という感じだななどと考えていました。
「どうしてお前は素直に言うことが聞けないんだ? 」
「逆立ちしろとか、二階から飛び降りろと言ってるわけじゃないんだ、片足あげて小便するくらい子供にだってできるだろう」
「女にそんなことをさせるのは卑怯だ だって? それは俺に恥かしいところを見せたくないっていうお前の思いあがりじゃないのか?」
奴隷になると約束しておきながら、いまだに俺を見下しているんだよお前は。」
「どうだ、犬のように小便してみせる気になったか?」
そう訊かれて-----続きを読む

【レイプ・痴漢体験談】高慢な女の上司(16)

僕は女の性欲の深さを見たような気がしました。
「恥かしい」という気持ちは性感の裏返しなのでしょう。
性的なものを感じているからこそ恥かしいし、それを口にしたり行動したりすることで、自分がエッチな
女だとバレてしまうのを本能的に恐れて、恥かしいからしない・・そういうことなのかもしれません。
それとは裏腹に、女性の性感は男のそれよりもずっと強いといいます、高慢でキツくて隙などなさそうに見えたリーダーも
心の奥底では思いっきり「おま○こ」とか「チ○ポをはめて」というような卑猥な言葉を叫びながら、淫らな行為にふけることを、
無意識のうちに欲求していたの-----続きを読む

【レイプ・痴漢体験談】高慢な女の上司(2)

どうやら他の社員にあまり会いたくないので応接室で待っていたようです。
こんな早朝に応接室を使うものはほかにはいません。
人気のない通路を通り、一番奥の応接室のドアを開けようとすると中から鍵がかかっています。
「おう、今あけるよ」なかからMの声がしてドアがあきました。
僕は部屋にはいっていいました。
「久しぶりだな、でもこんなとこに隠れるみたいにしなくても」
「誰もお前のやったこととか本人しか知らないんだし、私物くらい堂々と取りに来ればいいのに」
そういいながら、ブラインドのしまった窓側の床にある何かに僕の視線が
とまりました。続きを読む
月別アーカイブ
エッチな体験談相互リンク
エッチな体験談おすすめサイト
少女とのエッチ体験談エッチ体験談が4万件以上!! レイプ体験談 痴漢体験談 不倫体験談・人妻体験談 近親相姦体験談 エッチ体験談 エッチな体験談 フェチ、マニア、性癖
カテゴリー