エッチな体験談 レイプ、強姦

レイプ体験・虐待願望、痴漢・痴女などにまつわるエッチな話、体験告白集ですヽ(^-^ )

【痴女】INSTINCT?



「おはよう、匠巳。よく眠れた?」 ツインの宿の一室で目を覚ました匠巳は、澄んだ優しい声が頭の中に染み渡っていくのを心地良く感じていた。
窓際のベッドで、りさが朝日を背に微笑んでいた。
さわやかな、よく晴れた朝だった。
「うん、おはよう」 匠巳はそう言って、体を起こした。
りさは、パジャマ代わりの白いシャツの格好で座っていた。
うーん、と声を上げて、猫のようにひとつ伸びをする。
すでに、きちんと整えてあったりさの長い黒髪が、さらさらと美しく流れた。
 匠巳は顔を洗いに行く途中、ふと、りさを振り返った。
瞳が合った。
りさは、ごく自然に、にっこりと笑った。
まさに天使のような、罪のない笑顔だ、そう感じた。-----続きを読む

【痴女】興味津々な姉妹



とある平凡な3人の姉妹と弟たちの家。
長女の瞳と次女のゆうなは、とある話題で口論になった。
瞳「ねえねえ、ゆうな知ってる? 男の子の金玉って、蹴ると『キーン!』って音がするんだって! おもしろいよね」ゆうな「違うよ。『キーン!』じゃなくて『チーン!』だよ」瞳「えーっ、違うよお。この前見たマンガでも『キーン!』って音になってたんだから」ゆうな「いーや、『チーン!』で間違いない。私はテレビで音聞いたもん」瞳「金玉っていうくらいだから『キーン!』で間違いないよ」ゆうな「それを言うならおちんちんとも言うから『チーン!』でもいいじゃん」瞳「うーん、それもそうだけど……」ゆうな「だろ。だから『チーン!』だ」瞳「じゃ……じゃあゆうなは実際に聞いたことあるの?」ゆうな「そんなのないよ。どんな音するかなんて考えたこともなかったし」瞳「でしょ? テレビがすべて本当とは限らないよ?」ゆうな「そういうならマンガも同じじゃないのか?」瞳「確かに……あっ、そうだ。ならケースケの蹴って確かめてみようよ?」ゆうな「なるほど。それはいいかもしれない。どんな音するのか聞いてみたいし」瞳「よーしっ、そういうことだからケースケ、ちょっと金玉蹴らせてね」脇でその話を聞いていた弟のケースケに白刃の矢が立つ。-----続きを読む

【レイプ/犯された私】中2のとき姉の彼氏にレイプされた

中2のときの忘れられない思い出です。
長文です。

中2の春休みと夏休みに高2の姉の彼氏が毎日うちに来ました。
そのうち私は姉の彼氏を姉が外出していないときでもうちに入れて遊ぶようになっていました。
その彼は姉の最初にできた彼氏で、そして私も若い男性に興味をもつ年ごろでしたので
お兄ちゃんのように思ってました。
彼は地元で頭のいい私立高校に通っていて清潔でおしゃれな格好をいつもしていました。
そういうところが好感がもてて姉と彼氏に憧れていました。

その彼氏と遊んでいたときに偶然に彼の手の先が私の胸にあたったときがありました。
すると彼が照れて必死に謝ってきたときがありました。
私はその当時、年上の男性がそういうことで照れてあわてるのが面白く、それから彼へ
身体を近づけたり誘惑的なことを言って彼が照れたらからかって遊ぶようになりました。
そしてたまに姉に言いふらすと脅してアイスやお菓子を買ってきてもらっていました。
-----続きを読む

【レイプ体験談】ヤリマンのセフレの姉ちゃんを犯して中出し

優子はお姉さんと一緒に住んでいて、私は普段、優子の家に行く事は有りませんでした。 
この前話は、お姉さんが旅行中に内緒で忍び込んだのですが、今回はお姉さん公認で泊まる事が出来たのです。 
なぜかと言いますと、私が優子の家の近くで友人と飲んでいて、帰るのが面倒になって泊めてもらおうと考えたのですが、「ねーちゃんが許さないよなー」と思い、終電が無くなるまで飲み続けて、「泊まる所が有りません!」って事で、半ば強引に泊めてもらったのです。

優子の家に行くと二人ともパジャマ姿で迎えてくれました。 
ねーちゃんも「今回だけ!」と言う事で気持ちを切り替えて、すごく優しく接してくれました。 
ただ、気になったのは、ねーちゃんのパジャマが、下はグレーのスウェットで、上はピッチピチのミッキーマウスのノースリーブだったのですが、推定Fカップはありそうなおっぱいが、完全にノーブラでぶら下がっていました。 

-----続きを読む

お兄ちゃんのように慕っていた姉の彼氏と・・・

中2のときの忘れられない思い出です。
長文です。
中2の春休みと夏休みに高2のの彼氏が毎日うちに来ました。
そのうち私はの彼氏をが外出していないときでもうちに入れて遊ぶようになっていました。
その彼はの最初にできた彼氏で、そして私も若い男性に興味をもつ年ごろでしたのでお兄ちゃんのように思ってました。
彼は地元で頭のいい私立高校に通っていて清潔でおしゃれな格好をいつもしていました。
そういうところが好感がもててと彼氏に憧れていました。
その彼氏と遊んでいたときに偶然に彼の手の先が私の胸にあたったときがありました。
すると彼が照れて必死に謝ってきたときがありました。
-----続きを読む
月別アーカイブ
エッチな体験談相互リンク
エッチな体験談おすすめサイト
少女とのエッチ体験談エッチ体験談が4万件以上!! レイプ体験談 痴漢体験談 不倫体験談・人妻体験談 近親相姦体験談 エッチ体験談 エッチな体験談 フェチ、マニア、性癖
カテゴリー