エッチな体験談 レイプ、強姦

レイプ体験・虐待願望、痴漢・痴女などにまつわるエッチな話、体験告白集ですヽ(^-^ )

拘束

まこと2

2004/11/15 00:11┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者前編:まこと1性奴・まこと 2?1  投稿者:涼  投稿日:8月3日(日) 12時36分57秒  削除 駅前を歩くたびに振り返られる。近在一の美少女と呼び声も高いXX小学校の今野まこと。いつものフラッパースタイルに、七分袖のブルーのブラウス、ジーパンにリュックの軽装で塾への道を歩いていたが、その心中は千々に乱れていた。この2日で知り合いの男に完全な性奴に調教されてしまった。跡を隠すために袖も長い服にしなければならなかった。だが一番の問題は…自分が相手の続きを読む

調教されて快感に(2)

彼らのことは今でも大嫌いですが、今日みたいな責めを続けられるといつまで我慢できるか・・・そして明日の事を考えると憂鬱になると同時にちょっと期待している自分に驚いています・・・。今日も彼らの「調教」が始まりました。指示されていた通りローターを入れてノーパン電車に乗りました。彼らは今日は同じ車両で少し離れた所に座っていました。メールで指示が。「今日は何もしなくていい」と同時に私の中のローターが震え始めました。めての感覚にビクッと体が震えましたが気持ちいいという感じはしませんでした。周りの人にバレないように平静を装っ-----ていると、だんだん振動が大きくなってきました。少しずつ自分でする時と続きを読む

息子の借金を体で返済(2)

わたしは最後の力を振り絞って腰を動かし抵抗しましたが、それはムダというより逆に彼らの欲情をそそってしまったのかも知れません。ピンクのレース入りのパンティが布きれとなったとき、もうこころの中では観念するしかないと諦めました。両足を縛っていたがほどかれ、最にAが覆い被さってきました。Bがねっとりとパンティの上から長い間愛撫をしていたので、わたしのアソコは十分すぎるほどに濡れていました。「奥さん、つながるで」と言うと、両手で膝を持ち足を開かせて、一気にあの大きなものをわたしに突き立てました。「あうぐぅ(あぁあ~!!)」。その-----瞬間、頭の中に電気が走ったみたいになって、子宮にまで届きそう続きを読む

小池栄子の体験談(2)

封筒に慎吾と武志の名前を見つけた栄子は、そのままトイレに駆け込んで封筒を開けた。中には「放課後、写真部の部室に来い。来ないと写真をバラ撒くからな」と書かれた手紙と写真が2枚入っていた。1枚は全裸で鏡の前に立っている写真、もう1枚は顔と胸を精子まみれにして横たわっている写真だった。栄子は写真と手紙を破いて、トイレに流した。あの二人の言う事を聞くのは癪だったが、自分の痴態が収められた写真を握られていては、おとなしく言う事を聞くしかなかった。「早速だけど、これに着替えてくれる?」そう言って、武志は手にして-----いたものを栄子に渡した。「悪いけど他に部屋はないからここで着替えてね」 全然、悪いと続きを読む

欲望に勝てなかった俺(2)

「くぅ・・・、ひどい・・・」手の平で佳織の柔らかい乳房をこね回し、可憐な乳首を指先でもてあそぶ。「あぁ・・・」しっかり閉じられた目から、涙が溢れ出してきた。それが絶望のためか、恥辱のためか、或いは俺に裏切られた悲しみから来たものだったかはわからなかったが。ちょっとかわいそうな気がしたが、 もう俺のブレーキはきかなくなっていた。両手で佳織の乳房を揉みながら、乳首を 舌で舐め回す。「やめて・・・」彼女の乳首から舌をはずすと、ピンクのそれは、俺の液で光っている。ふたつの乳首を人差し指でこねたり、親指と人差し指で-----軽く引っ張ったりして佳織の表情をうかがうと、何かを我慢しているような感じだっ続きを読む
エッチな体験談相互リンク
エッチな体験談おすすめサイト
少女とのエッチ体験談エッチ体験談が4万件以上!! レイプ体験談 痴漢体験談 不倫体験談・人妻体験談 近親相姦体験談 エッチ体験談 エッチな体験談 フェチ、マニア、性癖
カテゴリー