エッチな体験談 レイプ、強姦

レイプ体験・虐待願望、痴漢・痴女などにまつわるエッチな話、体験告白集ですヽ(^-^ )

拷問

【痴漢・痴女】電車で知り合った女の子と初めてのフェラと痴漢ごっとで・・エッチな体験談



電車で知り合った女の子と初めてのフェラ痴漢ごっとエッチな体験談高校時代の話をします。
僕は高校時代、電車通学をしていました。
高二の時に車内で出会った女の子の話です。
僕はいつも決まった時間の電車に乗り、決まった車両に乗り、決まってドアに背を向け、もたれるように電車に乗っていました。
神経質な性格などではなく、ウォークマンを聞きながら無意識に行なっていたただの日常でした。
僕が乗ってから二駅くらいすると、いつも大量に人が乗り込んでくる駅があります。
反対側のドアにもたれながら、人々が乗り込んでくる様子が好きでした。
ある日、いつものようにもたれながら眺めていると、その女の子が乗ってきました。続きを読む

【レイプ体験談】玉潰し美少年地獄



明石誠は、倉敷智也の菊座から、一物を抜いた。
智也の菊座から小便が吹き出し、白いタイルの上を流れた。
この部屋の床も壁も天井も白いタイルが敷き詰められている。
誠は、四つん這いの智也の股間を後ろから蹴り上げた。
「ぎゃあ!」智也は、急所を押さえのたうちまわった。
誠は、智也の髪をつかみ、顔を自分の一物に押しつけた。
「きれいにしろ。智也」智也は、誠の一物を舐めた。
「やっと、素直になったな」誠は、目を細め、股間で動く智也の頭を見ていた。
 1明石大病院は、外から見ると、8階建ての巨大な建物であるが、9階フロアが存在した。
そこは、医院長の孫、明石誠のプライベートスペースだった。
外界とは、地下から直通の専用エレベーターでのみつながっている。続きを読む

【レイプ体験談】玉潰し美少年地獄


明石誠は、倉敷智也の菊座から、一物を抜いた。智也の菊座から小便が吹き出し、白いタイルの上を流れた。この部屋の床も壁も天井も白いタイルが敷き詰められている。

誠は、四つん這いの智也の股間を後ろから蹴り上げた。「ぎゃあ!」智也は、急所を押さえのたうちまわった。誠は、智也の髪をつかみ、顔を自分の一物に押しつけた。「きれいにしろ。智也」智也は、誠の一物を舐めた。「やっと、素直になったな」誠は、目を細め、股間で動く智也の頭を見ていた。

 1

明石大病院は、外から見ると、8階建ての巨大な建物であるが、9階フロアが存在した。そこは、医院長の孫、明石誠のプライベートスペースだった。外界とは、地下から直通の専用エレベーターでのみつながっている。誠は、ここで、気まぐれな人体実験や、性宴を楽しんでいた。彼は、サディストであり、男色を好んだ。相手を殺してしまうこともあったが、完璧な死体処理装置が完備されており、犯行が露見することがなかった。誠は、がっしりした体つきの大男だった。鍛えぬかれた身体は、筋肉の鎧で覆われているようだ。その太い指からは、想像出来ないほど器用で 外科医としても数々の業績を残している。もっとも、人体を好きなように切り刻むことが出来るのだから、自然と腕が上がるのも当然と言えた。誠は、今年で三十二歳になり、そろそろ結婚を考えていた。しかし、ホモであるため、なかなか、踏み切れないでいたのだ。そんな彼の前に、理想的な美少年が現れた。健康診断を受診しにきた倉敷智也だった。誠は、一目惚れをした。この子を一生そばに置いておきたいと思った。誠は、智也に精密検査をすすめ、身体の隅々まで丹念にしらべたが、どこも完璧なまでに健康で美しかった。自分のものにしたいと思った。倉敷智也は、細身で、整った顔立ちをしている。肌は、透き通るように白いが、手足と顔は、日に焼けている。無駄な肉がなく、豹のように美しく筋肉が発達していた。高校1年生になったばかりで、成績も上位で、スポーツも得意な方だ。智也には、加保という2つ下のがいた。2人は、仲がよかった。続きを読む

【逆レイプ】玉潰し美少年地獄

2007/03/16 12:08┃登録者:えっちな名無しさん◆j5St4.vo┃作者:名無しの作者


明石誠は、倉敷智也の菊座から、一物を抜いた。
智也の菊座から小便が吹き出し、白いタイルの上を流れた。
この部屋の床も壁も天井も白いタイルが敷き詰められている。

誠は、四つん這いの智也の股間を後ろから蹴り上げた。
「ぎゃあ!」智也は、急所を押さえのたうちまわった。
誠は、智也の髪をつかみ、顔を自分の一物に押しつけた。
「きれいにしろ。智也」智也は、誠の一物を舐めた。
「やっと、素直になったな」誠は、目を細め、股間で動く智也の頭を見ていた。

 1
明石大病院は、外から見ると、8階建ての巨大な建物であるが、9階フロアが存在した。続きを読む

【レイプ体験談】玉潰し美少年地獄



明石誠は、倉敷智也の菊座から、一物を抜いた。
智也の菊座から小便が吹き出し、白いタイルの上を流れた。
この部屋の床も壁も天井も白いタイルが敷き詰められている。
誠は、四つん這いの智也の股間を後ろから蹴り上げた。
「ぎゃあ!」智也は、急所を押さえのたうちまわった。
誠は、智也の髪をつかみ、顔を自分の一物に押しつけた。
「きれいにしろ。智也」智也は、誠の一物を舐めた。
「やっと、素直になったな」誠は、目を細め、股間で動く智也の頭を見ていた。
 1明石大病院は、外から見ると、8階建ての巨大な建物であるが、9階フロアが存在した。
そこは、医院長の孫、明石誠のプライベートスペースだった。
外界とは、地下から直通の専用エレベーターでのみつながっている。続きを読む
月別アーカイブ
エッチな体験談相互リンク
エッチな体験談おすすめサイト
少女とのエッチ体験談エッチ体験談が4万件以上!! レイプ体験談 痴漢体験談 不倫体験談・人妻体験談 近親相姦体験談 エッチ体験談 エッチな体験談 フェチ、マニア、性癖
カテゴリー