エッチな体験談 レイプ、強姦

レイプ体験・虐待願望、痴漢・痴女などにまつわるエッチな話、体験告白集ですヽ(^-^ )

淫乱

【レイプ・痴漢体験談】高慢な女の上司(13)

「まさか・・・って、ああ、もちろん、サービスの方に部屋の中まで運んでもらいますよ」
「よかったですね、ご開帳です。やっとその姿になった甲斐があるというもんですよ」
「驚くだろうなボーイさん、それとも喜ぶかな?、チェックアウトの頃にはホテル従業員全員の噂になってたりなてこともあるかもしれませんね」
僕は楽しそうに言いますが、彼女のほうはそれどころではないようです。
「まさか本気で言っているんじゃないでしょうね」
「こんな格好のまま、本当にホテルの従業員に見せるつもり?」
「そんなことできるわけないじゃない。大変なことになるわよ」
彼女のほう-----続きを読む

【痴漢・レイプ】お前のおふくろ美人だけど淫乱だぜ

当時、高校二年だった私は、親友だと信じていた同級生に裏切られ、巧妙な策謀に操られるようにしてを無理やり犯してしまいました。
それは七年前の出来事でした。
ある日を境に、傍目から見ても異様なほど父との仲が悪くなりました。
それから一ヵ月後、両親は離婚しました。
私はについて行きたかったのですが、結局父と家に残ることになり、は隣町にアパートを借りて一人で暮らし始めました。
私にはどうして両親が離婚したのか、その理由がまったく分かりませんでした。
父とは完全に縁の切れたでしたが、私にとっては母親に変わりなく、毎週のアパートを訪ねて夕食を食べていました。
は私に、「いつも寂しい思いをさせて、ごめんなさいね」と言うばかりで、離婚の理由については決して語ってくれませんでした。続きを読む

【レイプ・痴漢体験談】学生時代のスナック

それは私たち夫が、学生時代の友人の結婚式に招かれた日のことでした。
私と学生時代からつきあっており、関係をオープンにしていましたので、私の大学の友人たちはみな、彼女を知っており、またの気さくな性格もあってお互いに共通の友人も多く、良く結婚式には共に招かれます。

特に今回は新婦もの友人の1人で、はスピーチを頼まれて緊張しきっていました。
無事に話を終えてほっとしたのか、2次会・3次会と続く中に、はかなり酔っぱらってしまったようです。
子どもも既にの親元へ預け、子守から解き放された開放感も手伝って、ついつい二人とも飲めや歌えやの大騒ぎになってしまい-----続きを読む

【レイプ・痴漢体験談】最愛の妻を(1)

私は40歳、の亜希子は35歳になりました。
私にはsmの性癖があり(無論、Sの方ですが)、
新婚当初その行為に驚愕し戦いていたも、
今では被虐と羞恥に嗚咽を洩らす淫乱人妻となっています。
数年前まで私は、そんな従順でM女としてもほぼ完成された、の亜希子に十分満足していたのです。

ですが、近年のに対する性の虐待心とも呼称出来る、
ある願望が私の中に芽生え始めました。
の犯されている場面を、その場で見たい。それも縛られて、苦悶に喘ぎながら陵辱される所を・・・」
自分で言うのも恐縮ですが、は美しい女です。35歳に-----続きを読む

【レイプ・痴漢体験談】高慢な女の上司(5)

「今日、お前の女の全ては私の思うままにさせてもらうぞ」という僕なりの意志表示です。
残念ながら、僕の期待に反して指の腹に感じる彼女女性器の息遣いには、まだ湿り気は感じられないようでした。
その女の部分は後の楽しみにすることにして、すぐに手を離し、今度は膝のあたりから両方の内腿をサワサワと
なでるようにして、女性器のすぐ淵のあたりまで指をはわせていきました。
「あん、くすぐったい」 
そう言いながらも、身をよじるほどではなくリーダーも満更ではなさそうです。
乳房と太腿を両方の手でもてあそびながら、彼女のおへそのあたりに顔を近づけて、臍下のあたりか-----続きを読む
月別アーカイブ
エッチな体験談相互リンク
エッチな体験談おすすめサイト
少女とのエッチ体験談エッチ体験談が4万件以上!! レイプ体験談 痴漢体験談 不倫体験談・人妻体験談 近親相姦体験談 エッチ体験談 エッチな体験談 フェチ、マニア、性癖
カテゴリー