エッチな体験談 レイプ、強姦

レイプ体験・虐待願望、痴漢・痴女などにまつわるエッチな話、体験告白集ですヽ(^-^ )

生ハメ

【痴漢・レイプ】痴漢遊戯で知人妻を性処理女に

2011/02/28 11:23┃登録者:えっちな名無しさん◆.zZrMEI.┃作者:ポコサキ


以前人妻好きの男性を集めたSNSで 
メンバーの一人の奥さんを 
ご主人の同意のもと通勤の電車の中で 
時間に都合のつくメンバーが集まって 
囲んで痴漢したことがあります。 

※もちろん奥さんはしりません 

痴漢行為が行われたのは、奥さんが 
会社に向かう朝の電車内でした。 

ご主人である男性メンバーは 
単身赴任で、静岡に行っていたのですが 
初日、2日目と奥さんをメンバーに 
教えるためと、自ら奥さんの反応を 続きを読む

【レイプ体験談】弁償する代わりに彼女を犯された 2



僕は内心『分かりませんってどう言う事だ!』って思っていました。
彼氏なんだから、堂々と僕のとの方が気持ちイイって言うのが普通なのに、ヒロははっきり言いませんでした。
先輩:「幹夫とやっていつも何回イってんだよ」 ヒロ:「・・・私イった事ない・・・」 先輩:「は?さっきからイキまくってんじゃん!」 ヒロ:「・・・よく分からないし・・・」 先輩:「あ?じゃあ初めてイッたのか?」 ヒロ:「・・・たぶん・・・」 先輩:「じゃあ気持ち良かっただろ?」 ヒロ:「・・・知りません」 先輩:「知りませんじゃねーよ、マ○コこんなクチュクチュじゃねーかよ!」 ヒロ:「・・・言わないで下さい」 先輩:「気持ち良かったんだろ?」 ヒロ:「・・・少し・・・」 先輩:「あいつとどっちが気持ち良かった?」 ヒロ:「そんなの・・・言えません・・・」 先輩:「正直になれよ!二人しかいねーんだから!」 ヒロ:「・・・幹夫より、上手いと思います・・・」 先輩:「はっはっはっ、そうか?そうだろ!もっとイカせてやるよ!またイキたいだろ?」 ヒロ:「そんな・・・もういいですから・・・」 先輩:「いいですって?マ○コはそんな事言ってねーぞ!ほら!」 ヒロ:「ホントですぅうう、あああん、ああああ、ダメですうううう、いやあああああああ」 ヒロは完全に感じはじめてしまい、あっという間に「もうダメですうう、いやあああああああ、また、ダメ、おかしくなるうううううううう、あああああああ」と大声を出してイッてしまいました。続きを読む

【レイプ体験談】弁償する代わりに彼女を犯された 2



僕は内心『分かりませんってどう言う事だ!』って思っていました。
彼氏なんだから、堂々と僕のとの方が気持ちイイって言うのが普通なのに、ヒロははっきり言いませんでした。
先輩:「幹夫とやっていつも何回イってんだよ」 ヒロ:「・・・私イった事ない・・・」 先輩:「は?さっきからイキまくってんじゃん!」 ヒロ:「・・・よく分からないし・・・」 先輩:「あ?じゃあ初めてイッたのか?」 ヒロ:「・・・たぶん・・・」 先輩:「じゃあ気持ち良かっただろ?」 ヒロ:「・・・知りません」 先輩:「知りませんじゃねーよ、マ○コこんなクチュクチュじゃねーかよ!」 ヒロ:「・・・言わないで下さい」 先輩:「気持ち良かったんだろ?」 ヒロ:「・・・少し・・・」 先輩:「あいつとどっちが気持ち良かった?」 ヒロ:「そんなの・・・言えません・・・」 先輩:「正直になれよ!二人しかいねーんだから!」 ヒロ:「・・・幹夫より、上手いと思います・・・」 先輩:「はっはっはっ、そうか?そうだろ!もっとイカせてやるよ!またイキたいだろ?」 ヒロ:「そんな・・・もういいですから・・・」 先輩:「いいですって?マ○コはそんな事言ってねーぞ!ほら!」 ヒロ:「ホントですぅうう、あああん、ああああ、ダメですうううう、いやあああああああ」 ヒロは完全に感じはじめてしまい、あっという間に「もうダメですうう、いやあああああああ、また、ダメ、おかしくなるうううううううう、あああああああ」と大声を出してイッてしまいました。-----続きを読む

【痴漢・レイプ】痴漢遊戯で知人妻を性処理女に

2011/02/28 11:23┃登録者:えっちな名無しさん◆.zZrMEI.┃作者:ポコサキ


以前人妻好きの男性を集めたSNSで 
メンバーの一人の奥さんを 
ご主人の同意のもと通勤の電車の中で 
時間に都合のつくメンバーが集まって 
囲んで痴漢したことがあります。 

※もちろん奥さんはしりません 

痴漢行為が行われたのは、奥さんが 
会社に向かう朝の電車内でした。 

ご主人である男性メンバーは 
単身赴任で、静岡に行っていたのですが 
初日、2日目と奥さんをメンバーに 
教えるためと、自ら奥さんの反応を 続きを読む

弁償する代わりに彼女を犯された 2



僕は内心『分かりませんってどう言う事だ!』って思っていました。
彼氏なんだから、堂々と僕のとの方が気持ちイイって言うのが普通なのに、ヒロははっきり言いませんでした。
先輩:「幹夫とやっていつも何回イってんだよ」 ヒロ:「・・・私イった事ない・・・」 先輩:「は?さっきからイキまくってんじゃん!」 ヒロ:「・・・よく分からないし・・・」 先輩:「あ?じゃあ初めてイッたのか?」 ヒロ:「・・・たぶん・・・」 先輩:「じゃあ気持ち良かっただろ?」 ヒロ:「・・・知りません」 先輩:「知りませんじゃねーよ、マ○コこんなクチュクチュじゃねーかよ!」 ヒロ:「・・・言わないで下さい」 先輩:「気持ち良かったんだろ?」 ヒロ:「・・・少し・・・」 先輩:「あいつとどっちが気持ち良かった?」 ヒロ:「そんなの・・・言えません・・・」 先輩:「正直になれよ!二人しかいねーんだから!」 ヒロ:「・・・幹夫より、上手いと思います・・・」 先輩:「はっはっはっ、そうか?そうだろ!もっとイカせてやるよ!またイキたいだろ?」 ヒロ:「そんな・・・もういいですから・・・」 先輩:「いいですって?マ○コはそんな事言ってねーぞ!ほら!」 ヒロ:「ホントですぅうう、あああん、ああああ、ダメですうううう、いやあああああああ」 ヒロは完全に感じはじめてしまい、あっという間に「もうダメですうう、いやあああああああ、また、ダメ、おかしくなるうううううううう、あああああああ」と大声を出してイッてしまいました。続きを読む
月別アーカイブ
エッチな体験談相互リンク
エッチな体験談おすすめサイト
少女とのエッチ体験談エッチ体験談が4万件以上!! レイプ体験談 痴漢体験談 不倫体験談・人妻体験談 近親相姦体験談 エッチ体験談 エッチな体験談 フェチ、マニア、性癖
カテゴリー