エッチな体験談 レイプ、強姦

レイプ体験・虐待願望、痴漢・痴女などにまつわるエッチな話、体験告白集ですヽ(^-^ )

痴女との体験談

【痴女】スタイル抜群な女子から受け続けるイジメ 1話


この話の内容は主に、キンタマやちんこへのイジメです。

?玉責めやSMに理解のない人は閲覧注意!?



俺は、小さな高校に通う学生



俺は今年2月、友達作りのきっかけを作るために、部活に入部した。

男女共同の、アットホームな雰囲気だ。

なんと、この部活には長身美脚女子が2人もいるのだ!

さっきは言い忘れたが、俺は美脚には本当に目がないのだ。



ムッツリな俺にとって、この部活は天国とも言えよう。感動までしてしまった。



1人目の女子は、俺と同年齢。名前は「綾」。

肌色は普通。白くはない。は長いけど、すこ?しだけむっちりしてる。スタイルは良いのに少しむっちりしてるっていう、このギャップがそそる。

顔は普通っていう感じだが、どことなく俺の性欲をかき立てる雰囲気を醸し出している。


続きを読む

【痴女】男喰い


不景気な世の中、めげずに職を安定させようと悪戦苦闘している私は、身体不調を感じ病院に行ったところ・・・・。



医師は女医で病院の経営者であり三十路後半で看護婦はもっと若そうでした。2人ともスタイルのよい美人でした。

腹部レントゲンを撮ることになりました。

胸部と同じように上半身下着になればよいと思ったら、ズボンのベルト、チャックが入ってはまずいとのこと。

撮影台に横たわりベルト、チャックを外して広げ、ズボンを少し下げておきました。

しかし看護婦が来て完全にズボンを下げられてしまいました。

トランクスだけになり撮影されました。レントゲン現像の後です。



女医   腹部は正常だったけど睾丸に異常があります、すぐに解剖して調べます。



看護婦にトランクスも脱がされ、大きく股を広げられて手足を台に固定されました。

性器が丸出しです。

 

看護婦  先生、カエルの解剖みたいですね。


続きを読む

【痴女】おしおき


朝の通勤。今まではずっと憂鬱で仕方がなかった。しかし最近は違う。楽しみが出来たから。



 僕が朝の通勤の電車の中で、彼女を見掛けるようになったのは、今から3ヶ月ほど前だっただろうか。最初から「かわいい子だな」と感じていた。しかしそんなことは、男には良くあることだ。

 激的な変化が訪れたのは、今から1ヶ月ほど前のことだ。その日も途中までは、いつもと変わらない日だった。しかし彼女電車に乗り込んできてから、状況が一変する。彼女が僕の目の前の位置にきたのだ。

 僕は昔から、痴漢に興味があった。僕の持っているアダルト関係の本やビデオも、この傾向のものばかりだ。しかしその日までは、僕は現実の世界で痴漢行為をすることはなかった。だが彼女が僕の前にきたことで、ついに理性のたががはずれてしまった。その日以来僕は、電車彼女を見付けるとなんとかして近付いて、痴漢を繰り返すようになった。



 今日も僕はいつも通り、痴漢行為を楽しんでいた。

(そろそろ降りる駅だ。今日はこの当たりで終わりにするか)

僕は心の中でつぶやいた。そして、電車を降りる準備を始めた。いつもならば、それで何事もなく終わるはずだった。しかし今日は違った。彼女が僕の耳にそっと囁きかけてきたのだ。

「あなたは痴漢に夢中で気が付かなかったみたいだけど、あなたの周りの人達、みんなわたしの友達よ」

僕は慌てて、自分の周りを見渡した。彼女と同年代の若い女性ばかりだ。どうやら罠に嵌められたらしい。

「どう、これから警察に突き出される気分は」

彼女は僕にそう問かけた。僕が何も答えられずにいると、彼女はさらに続けた。

痴漢で人生台無しにするなんていやでしょ?なんなら見逃してあげてもいいのよ」

僕は驚いた顔で彼女を見つめた。すると彼女は続けた。


続きを読む

【痴女】ほぼ実話・チンコの大きさよりキンタマが大事


ドSな彼女あい(20)彼女は安達祐実に似てる。似てるし似てると言うと喜ぶ。にMな俺はいつもイヂメられてる。

先日も、あいの友達(20)ガッキー系の顔とその彼氏(21)キンキの光一似と飲んだがハイペースで二時間程飲むとあいが下ネタを言い出した。



あいが友達に今までシタ人で一番チンコ大きかった人ってどのくらい大きかったか聞いた。



友達は「こんな感じかな?」と両手で大きさをあいに教える。



あいは笑顔で「えーーーおっき?♪」と喜んだ。



あいの友達は彼氏を指差して「そいつのっ」って笑った。



彼氏は笑いながら「やめなさい」とか言ってるけど嬉しそうだ。



あいは「エッチするならチンチン立派な男の子がいいよねー」みたいなことを言い友達に同意を求めた。




続きを読む

【痴女】覗きの代償


いつも皆さんの性体験を拝見させていただいております。

お礼というわけではありませんが、私の性癖を決定付けた体験を告白します。

僕が中学2年生のときの話です。

そのころ、僕らの間では覗きが流行ってました。

主に銭友達覗きに行きました。

そのことを思い出して家でオナニーする毎日でした。

僕はオナニーが大好きで(今でもw)毎日数回は必ずしてました。

さらに、欲情すれば駅やデパートのトイレでもしょっちゅうしてました。

ある日、家から適度に離れた銭に一人で覗きに行きました。

ボイラー室に忍び込み友人が開けた穴から女子風呂を覗いていました。

これまで何度も一人で覗きに来て、覗きながらオナニーをしていました。

その日も、いつもと同じように女性の裸に興奮しながらオナニーに没頭していました。

そして、いよいよイキそうになったときに背後で物音がしました。

ガラッとボイラー室の戸が開く音。そして「なにやってるの!」という女性の声がしました。

驚いたと同時に射精していました。


続きを読む
月別アーカイブ
エッチな体験談相互リンク
エッチな体験談おすすめサイト
少女とのエッチ体験談エッチ体験談が4万件以上!! レイプ体験談 痴漢体験談 不倫体験談・人妻体験談 近親相姦体験談 エッチ体験談 エッチな体験談 フェチ、マニア、性癖
カテゴリー