エッチな体験談 レイプ、強姦

レイプ体験・虐待願望、痴漢・痴女などにまつわるエッチな話、体験告白集ですヽ(^-^ )

美人

【レイプ体験談】お母さんが中1くらいのDQNにレイプされた話



http://blog.r18matome.com/archives/36604370.htmlお母さんが中1くらいのDQNレイプされた話 116: えっちな18禁さん:2014/01/14(火) 23:11:47.11 ID:Rmub6xzv02年前の夏のことです。
当時中学1年生だった僕はある日ママと新宿に買い物に行きました。
その日は朝から猛暑でママは肌がほんのり汗ばんでおり息子の僕から見てもとても色っぽかったです。
すれ違う男の人の視線をヒシヒシと感じていました。
そしてゲームセンターの前を通ったときのこと。
いきなり僕と同じくらいの子が話しかけてきたのです。
少年「あの~僕迷子になっちゃったんですけど一緒にお母さんを探してくれませんか」ママ「いつはぐれちゃったの?」少年「5分くらい前、携帯もつながらないの」ママ「じゃあ一緒に探してあげるね」お母さんは優しくそういうとその子のお母さんを探し始めました。-----続きを読む

【レイプ体験談】上司の妻は不倫妻



上司の不倫 俺35、上司40代前半、奥さん上司より少し年下です。
 1年くらい前から、上司の夫婦関係がうまくいってなくて(それは上司の浮気発覚が原因)子供が寝たりしたあとや、休日に間が持たないから遊びに来てくれと言われ、ちょくちょく通うようになりました。
 奥さんはほっそりとした美人で、別にグラマーなタイプではないけど、とても色気のある感じでした。
 なぜ、浮気するんだ?と思ったくらいです。
 俺が上司の家に行くと、だいたいは家で焼肉をして酒を飲み3人で話しをして、その日は泊まっていくというパターンができてました。
 奥さんもかなり飲めるクチで、俺達が打ち解けて、メールアドレスや携帯番号などを交換するまでにそんなに時間かかりませんでした。-----続きを読む

【レイプ体験談】いつも通り鍵をかわずに部屋で寝ていたらレイプされた話 1



怪我でもしたのかと思い目を覚ますと、部屋の戸口に黒っぽい人影が見えました。
直感的に「あ、やばい死ぬかも」と思い、小さく悲鳴をあげると男は駆け寄って来て、「静かにしろ!」と口を抑えて来ました。
必死で頷くと、男は私にタオルで目隠しをしました。
私はとにかくうさぎと命だけは守らなければ!と思ったので、目隠しをされながら「どうすればいいんですか?」と尋ねました。
男は「横になれ」と指示したので、おとなしく横になりました。
この時まで私にはレイプされるかもという危機感はありませんでしたが、胸を揉まれた瞬間、絶望的な気持ちになりました。
男はしばらく服の上から胸をもんでいましたが、そのうちち私のキャミソールとブラを脱がせて直に触り始めました。-----続きを読む

【レイプ体験談】上も下も…(レズ体験)



彼女の手が伸びて、私の服のボタンを外していった時、さすがに「女の子にされてる…」 という背徳感のような気持ちにドキドキしました。
女の子って、どんなふうにするんだろう…男の人しか知らないし、だいたい女同士の セックスの終わりってどこなんだろう?とぼんやり思っていました。
彼女は、全く同姓との経験のない私を気遣ってか、口にキスはしませんでした。
ただ、私の首筋から胸元へ、ゆっくり、唇を這わせていきます。
指はそっと身体全体を撫でます。
女の子の指って、柔らかくて繊細で、ふんわりしてて、今まで男の人に触られることは あったけど、その違いに戸惑ってしまうくらい。
そして、ふんわり撫でるような愛撫に、 だんだん私も身体が熱くなってしまいました。-----続きを読む

【痴漢・痴女】放課後の罠



「牧村君、ちょっと話があるんだけど、いいかなぁ。部室まで来てくれない?」 牧村淳一はある日の放課後、ユニフォーム姿の吉田広美から声を掛けられた。
淳一は名門私立学園の中学二年生。
小柄で華奢な体つきだが、成績優秀な優等生である。
広美は同じ学校の高等部でバレーボールの花形選手として活躍している高校二年生の少女だ。
長身でスタイルの良い広美はバレーの強さもあって多くの男子生徒の憧れの的になっている。
「は、はい。いいですよ」淳一は広美の後について歩き出した。
広美はユニフォームの上着をブルマの中に入れていたので、淳一は目の前で赤いブルマに包まれた広美のヒップが揺れるのを見ることができた。-----続きを読む
月別アーカイブ
エッチな体験談相互リンク
エッチな体験談おすすめサイト
少女とのエッチ体験談エッチ体験談が4万件以上!! レイプ体験談 痴漢体験談 不倫体験談・人妻体験談 近親相姦体験談 エッチ体験談 エッチな体験談 フェチ、マニア、性癖
カテゴリー