エッチな体験談 レイプ、強姦

レイプ体験・虐待願望、痴漢・痴女などにまつわるエッチな話、体験告白集ですヽ(^-^ )

美少女

【レイプ体験談】初めてのレイプ・・

数年前のこの時期に生まれて初めてレイプというものをやってしまった。
あれは私がまだ社会人になりたての頃の暑い夏の日だった。
私の仕事はビルの警備でそれなりに大手の警備会社に就職しそれなりの生活をしていた。
その日は夜勤明けで朝9時まで働いており、疲れきった私は電車に1時間ほど揺られながら地元の駅まで帰った。
この日は明日が休みということもあり相当リラックスしていた。
私は駅前のラーメン屋で朝食兼昼食を取りながらビールを数本飲んでしまった。
「帰りはバイクだがまぁいいか」そう思いつつ昼前までゆっくりと飲んでいた。
今思えばこれがいけなかったのかもしれない。
酔った頭でバイクにまたがり、鼻歌交じりに大通りを帰っていくと、対抗車線のバスから3人の○○生の少女が降りてきた。-----続きを読む

【レイプ体験談】賞5激写



何時もの手口で声をかけた。
なんちゃって名刺を出し、マコを誘う・・・車の後部座席で質問用紙を取り出し取材だからそのまま写真を撮らせてもらう。
 ビデオも堂々と廻し始める。
質問の内容を見てマコは赤面しながら「全部答えなきゃだめ?」と聞いてくる。
 俺はいつもの手口で「みんな平気で答えてくれるよ。あれ?名前何て言ったかな??マコちゃんの同級生で・・・ほら、少し明るくて活発な子で・・・う?ん名前が出てこないなあ?」様子を探るとマコは「あ?00ちゃん?」 「うんそうそう00ちゃん!まだまだ内緒にしてるけど、10人以上は答えてくれてるよ!でも秘密って事にしてるんだから絶対に言っちゃだめだよ!マコちゃんは可愛いからつい教えちゃったけど、00ちゃんには内緒だよ!」 「うん、解かったよ!」 必ず適当に話してても話を合わせることが出来るものである。-----続きを読む

【痴女】SS



ケーイチは暗く狭い箱の中で目を覚ました。
体中に鈍い痛みが響く。
どうやら気を失っていたようだ。
頭が混乱している。
今までの記憶がはっきりしない。
突然、何度も何度も殴られて、訳が分からないままここに押し込まれたようだ。
箱は厳重に閉じられていた。
とても自力で開けられそうにない。
「仕事が済んだ後で、海の中にでも放り込んでやれ」男の邪悪な声が脳裏に蘇った。
そうだ、自分は殺されるところだったのだ。
そっと、僅かなすきまから外の様子を伺う。
無骨な男たちが何人もいた。
みんな、法律で規制されているはずの拳銃を無造作にぶら下げている。
全然事態が飲み込めないが、明らかにこれは冗談などではない。-----続きを読む

【痴女との体験談】ぬるぬる



大学のときの話。
夏休み、サークルのメンバーで海に行くことになっていたのだが、出発の朝になって突然雨がふりだして、中止になった。
メンバーのほとんどが帰ったが、集合場所が俺のアパートの前だったため、女ふたりが帰らず俺の部屋に上がりこんできた。
そんで、朝っぱらから三人で飲み会。
「なんでいきなり雨ふんのよ。天気予報の嘘つき」缶ビール片手にグチをこぼすY子。
こいつは、巨乳と露出度の高いファッションがトレードマークで、メンバーの中ではお色気担当だった。
「ほんと、ツいてないよね」Y子にあいづちを打つのはM美。
真鍋かをり似の美少女で、性格は控えめで大人しい。-----続きを読む

【痴女】金殺処刑美少女



男 「ぐううううえぇぇぇぇぇ・・・」少女「クスクス・・・まだまだ終わらないよッ♪」ドグオォッ!!男 「ッげぇあぁっ!!も、もう許しでぐださいぃ・・・」ある廃屋。
そこに三人の人影がある。
一人は男。
どこにでもいそうな最近の若者風の男。
鼻ピアスをあけ、いかにもチンピラのような雰囲気。
そして残りの二人は小学生中学年程の少女。
二人共整った顔立ちをしているかわいい女の子だ。
一人は「千夏」。
清純という言葉が似合いそうな透き通るような白い肌をした少女。
ツインテールに引き込まれそうなパッチリした目が純粋さを一層引き立てる。
もう一人は「智美」。-----続きを読む
月別アーカイブ
エッチな体験談相互リンク
エッチな体験談おすすめサイト
少女とのエッチ体験談エッチ体験談が4万件以上!! レイプ体験談 痴漢体験談 不倫体験談・人妻体験談 近親相姦体験談 エッチ体験談 エッチな体験談 フェチ、マニア、性癖
カテゴリー