エッチな体験談 レイプ、強姦

レイプ体験・虐待願望、痴漢・痴女などにまつわるエッチな話、体験告白集ですヽ(^-^ )

羞恥

【レイプ体験談】上も下も犯し犯されてる感じ…



287:なまえを挿れて。
:2010/01/05(火)22:02:18ID:ED4jXf6w0私、女なんですけど、友達(女の子)としてしまったことがあります。
一度彼女がうちに泊まりに来てくれた時、夜通し話していたら、ふいにぎゅっと抱きしめられたことがありました。
ずいぶん体温高いな、汗かいてるのかな?というくらいあったかくて。
その時は何もなかったのですけど、二度目に泊まりに来てくれた時は、またぎゅうーと抱きしめられて、やっぱり彼女の体が熱いくらいで、「どうしたの?」と恐る恐る聞いてみたら、「…発情しちゃって」って。
私を抱きたいってことかな?でも、私、ノーマルなんだけど…友達だし、でも信頼してるし、きっと本気で思ってるんだろうなとか頭の中で色々考えて、「してみる…?」と言ってみました。続きを読む

【レイプ体験談】ざまあみろ



結局、奈緒子さんは妊娠して、俺たちの前から姿を消した。
兄貴はフヌケのようになり、今では役立たずのだらしない男に落ちぶれちまった。
ふんっ、ざまあみろ、どいつもこいつも俺のこと馬鹿にしやがって、いい気味だぜ。
奈緒子さんを妊娠させた相手が俺だと知らせてやった時の、兄貴の苦悩ぶりを見て胸がすうっとしたぜ。
嫌いなんだよ俺は、正義感とか、優しさとか、ムシズが走るんだよ。
そういうの振りかざして俺に説教した罰だぜ。
ざまあみろ。
兄貴といっても血のつながりがあるわけじゃねえ。
俺のちゃんが再婚して、その相手の子供が兄貴だった。
三つ年上の兄貴は男気があって、喧嘩が強くて、がちがちの硬派で、人情があって、ほんと嫌な奴だったぜ。続きを読む

【痴漢・痴女】満員電車での痴漢体験談



今夜は今朝の事で眠れそうも無い。
今朝も駅で獲物を物色していると、デビューした頃の、のりピーにそっくりな中学1,2年生位のかわいい子が満員電車に乗る列にならぼうとしている。
服装は白のブラウスでひざ上10cmのミニスカートという格好で胸も少しはありそうだ。
美少女を絵にかいたような子でこんな子が満員電車に一人で、しかもこんな服装で乗るなんて無謀なことをするもんだ。
多分夏休みで満員電車の経験がない中学生だろう。
電車が近づいて来てその子が列に列に並ぶとすかさず俺はその子の後ろに並んだ。
しかし同業者らしき奴らが一斉に集まって来やがった。
ロリコン野郎だらけか!)これは乗り込む時の位置の取り合いが難しくなる。続きを読む

【レイプ体験談】上も下も犯し犯されてる感じ…



287:なまえを挿れて。
:2010/01/05(火)22:02:18ID:ED4jXf6w0私、女なんですけど、友達(女の子)としてしまったことがあります。
一度彼女がうちに泊まりに来てくれた時、夜通し話していたら、ふいにぎゅっと抱きしめられたことがありました。
ずいぶん体温高いな、汗かいてるのかな?というくらいあったかくて。
その時は何もなかったのですけど、二度目に泊まりに来てくれた時は、またぎゅうーと抱きしめられて、やっぱり彼女の体が熱いくらいで、「どうしたの?」と恐る恐る聞いてみたら、「…発情しちゃって」って。
私を抱きたいってことかな?でも、私、ノーマルなんだけど…友達だし、でも信頼してるし、きっと本気で思ってるんだろうなとか頭の中で色々考えて、「してみる…?」と言ってみました。続きを読む

【レイプ/犯された私】もう母親にも妻にも戻れそうもない 1/2

私の名前は奈津子、42才の主婦です。
きっかけや理由はどうであれ、娘の恋人を奪ってしまった酷い母親です。
10才年上の主人は関西に単身赴任中で、今は20才の一人娘と東京近郊にある海の近くの町に住んでいます。
娘の名前は真奈美。
都内にある女子大の2年生で、村上君と言う同じ高校を卒業した22才の彼氏が居ました。
外見だけで言えば、とても爽やかな感じの一流大学に通っている男の子で、正直に言えば、もしも私が若くて独身だったらこんな彼氏が欲しいと思うような子です。
真奈美には知られていませんが、今年の4月、私は真奈美の留守中に訪ねてきた村上君に犯されてしまい、それ以来泥沼のような不倫関係から抜け出せなくなっています。
その日の朝、真奈美はサークルの春合宿に3泊4日の予定で出かけて行きました。
掃除と洗濯を済ませて、ありあわせの昼食をとった後だったので、ちょうどお昼の1時を過ぎた頃に村上君は訪ねてきました。
私が不審に思ったのは、村上君は真奈美の彼氏なんだからこの日から合宿で居ないことくらい知っているはず、それなのに家に来たことです。
私は玄関先でそのことを聞いてみましたが、「合宿があることは聞いていたけど、就職のことなどで忙しかったからすっかり忘れていた」と言いました。
村上君は普段からとても律儀で真面目な子だったので、私もうっかり信じてしまいました。
そして、「せっかく来たのだからお茶でも」と言って、私一人しかいない家の中に招き入れてしまったんです。
村上君を居間のソファーに案内し、私がお茶の支度をしている時に悪夢は始まりました。
私は村上君に背を向けてお茶やお菓子を用意していたので、彼が背後から近付いて来ていた事に全く気付きませんでした。
ティーカップとお皿をお盆の上に置いた瞬間、村上君に後から羽交い絞めにされたんです。
私はパニックになり何が起こったのかしばらくの間理解できませんでした。
そしてそれに気付いた時、私は居間の隣にある和室に置いてあった干してベランダから取り込んだばかりの布団の上で村上君に組み敷かれていました。

続きを読む
月別アーカイブ
エッチな体験談相互リンク
エッチな体験談おすすめサイト
少女とのエッチ体験談エッチ体験談が4万件以上!! レイプ体験談 痴漢体験談 不倫体験談・人妻体験談 近親相姦体験談 エッチ体験談 エッチな体験談 フェチ、マニア、性癖
カテゴリー