エッチな体験談 レイプ、強姦

レイプ体験・虐待願望、痴漢・痴女などにまつわるエッチな話、体験告白集ですヽ(^-^ )

臭い

炊き出しボランティア(2)

クチュッ…

触れた…シゲさんのおちんちんの先が、私のアソコに…触れたの。
そして醜い容姿の性器は、徐々に私の女性器の入り口を押し開けていきます。
と同時に…激しい感覚の波が私の中に襲ってきたのです!
「あぁぁぁ!!あ…あぁ…」
な、何?これ…この感じ…前の違います、東君の時と…全然違うわ!
それはズブズブと奥に入り込む度に、大きな波になっていく…
私は驚愕してました、だって…痛みを覚悟してたのに、
あんまり感じないのだから…あぁ!!
「おぉ!若菜ちゃんの中に…シゲさんのが本当に入ってるぞ」
「んあぁぁ!!!あ…あぁ…苦し-----続きを読む

隣の部屋のネーチャン(2)

 帰宅した彼女は、すぐに冷蔵庫を開けペットボトルのお茶をラッパ飲みしている。
そうとう酔っているようだ。足下がふらつき、上半身が揺れている。
寝室へ入ってくると、乱暴にスカートとストッキングを脱いでしまい、ベッドに倒れ込んだ。そして、そのまま動かなくなってしまった。
 10分ほど画面を見つめていた俺は意を決して立ち上がった。
心臓はバクバクいってるし、手のひらは汗でびっしょりだ。
でも、こんなチャンスは滅多にあるワケじゃない。そっと、音を立てないように鍵を開け、ゆっくりと忍び込んだ。案の定、部屋の中は酒臭い
 静かに彼女に近づく。
 けど、起-----続きを読む

炊き出しボランティア(1)

私の名前は中ノ島若菜と申します、自慢の長い髪の毛は金髪ですが、
これでもれっきとした日本人ですよ、実は方の祖がフランス人でして、
どうやら髪の色は祖から受け継いだみたいなのです、ちなみに18歳で、
この春に短大に入学したばかりなんですよ。

この歳で恥ずかしい事みたいですが、今まで私はずっと親に見守られてきまして、
学校の登下校も車で送迎され、友達と外で遊ぶという事はありません、
あっても監視の目がある環境ばかりで、本当に箱入り娘として育ってきました…でも。
そのせいか少し世間知らずなところがあり、これでは逆に私の為にならないと、
-----続きを読む

女子大生を・・・③

度目の投稿です。エロ人事です。
前回の続きです。
チャンスは彼女がつくってくれました。
入力作業が終わりました。「です。ご苦労様です。まだ時間があるので、面白
いものをお見せしましょう」と言い、彼女を事務室から連れ出します。当然、ブラ
は机の下のままです。
行く先は実験室です。そこには、業務用の接着剤や強力粘着シートが置いてありま
-----続きを読む

二人のお兄さん2

コメントくれた方、ありがとう。
読みたくない方は飛ばしてください。
あの後二人のお兄さんとの交流は私が小学校年の終わり頃までつづきました。
1つ言いたいのは、あの様な行為により私が女に目覚めたとか、トラウマになったとかはありません。
ただ単に二人のお兄さんがとても好きだったのです。
行為をする時は少し乱暴になりましたが、それ以外の時はとても優しいのです。
顔も格好良いし本当に好きでした。
続きを読む
月別アーカイブ
エッチな体験談相互リンク
エッチな体験談おすすめサイト
少女とのエッチ体験談エッチ体験談が4万件以上!! レイプ体験談 痴漢体験談 不倫体験談・人妻体験談 近親相姦体験談 エッチ体験談 エッチな体験談 フェチ、マニア、性癖
カテゴリー