エッチな体験談 レイプ、強姦

レイプ体験・虐待願望、痴漢・痴女などにまつわるエッチな話、体験告白集ですヽ(^-^ )

複数

【痴漢・レイプ】単身赴任の間に妻が・・



私は44歳のサラリーマンで現在単身赴任中です。
は42歳の専業主婦で高校2年生の息子と二人で留守を守ってくれています。
単身赴任で転勤になってもう2年余りになりますが、半年ほどで本社に帰れる手はずになっています。
最初はと息子だけ残して転勤というのは心配でしたが、息子の高校進学もありましたし、は柔道2段の段持ちで曲がったことが大嫌いな真面目な性格でもあり信頼して家を後にしました。
ところが息子が高校に進学して間もなく、からのLINEで息子がイジメに遭ってるようだと知りました。
仲間外れにされてるようで、落ち込んでいると知らされ私も悩みました。
しかししばらくしてから自宅に友達が遊びに来るようになったと報告があり安堵していました。続きを読む

【痴漢・レイプ】俺も嫁さんをヤクザに犯られた



俺もさんをヤクザに犯られた事あるよ。
給料が余りにも安いからスナックで週4でバイトしてたんだけど、その店に偶に来てたヤクザの客に犯られた。
このスレの1さんほど酷い状況ではなかったけどね。
もう3年くらい前の話だ。
その客は紳士的で外見もヤクザには見えなかったそうだ。
でも、何度も犯られてるうちに、その男の事を好きになったそうだ。
多分、情が移ったんだろう。
セックスは俺よりも上手かったって言ってた。
ヤクザって乳がデカイ女が好きみたいだ。
(偶々かも知れんけど) 時間が無いので今日はこれ位で。
またカキコ(多分数日後くらい)して良いですか?さんがヤクザに犯られた事を約束通りカキコします。続きを読む

【痴漢・レイプ】変態中年夫婦 その1



私は45歳で、ある程度名前の知れた会社の地方工場に努めています。
は47歳で二人とも再婚です。
少し私の過去の話をさせていただきます。
私は30歳の時に前寝取られました。
は私より一つ年下で結婚3年が過ぎようとした頃でした。
そろそろ子供をつくろうかという話も出てきた頃でした。
浮気が発覚したのは私が地方工場(当時は本社工場勤務でした)に出張で5日ほど家を空けて帰ってきた直後でした。
土曜日の午後に帰宅し、その夜に前に迫ったのですが体調が悪いと断られました。
その気満々だった私は寝つきが悪くちょくちょく夜中に目が覚める状態でした。
ふと気づくとカーテン越しに陽が差してきて部屋も明るくなってきてました。続きを読む

【痴漢・レイプ】人妻Mの告白5 ~小学6年の同窓会~



相変わらず長いです…そして文章も下手です。
読んでくれているひといるのかな?興味のある人だけよんでください。
結婚して16年目、2人の子供に恵まれ平凡ながら幸せな日々。
主人とのセックスは2人目が生まれてからは減っていきました。
主人は求めてくるのですが、私が子育てで忙しかったのもあり拒むことが多く、そのうちに主人もほとんど求めてこなくなりました。
私としても、まったく性欲がないわけでもありません。
そんな時はオナニーで済ましてしまいます。
その方が楽だったのです。
そんな中、同窓会のお知らせが来ました。
小学6年生の時の同窓会です。
ただ、年齢的に体系も崩れ、すこし太ってしまった私は抵抗あり恥ずかしいと思いましたが…連絡をしてきた幹事のY君が「俺だって髪は薄くなったし太ったし、男どもはハゲにデブばっかりだよ(笑)」今でも連絡を取っている女友達も「出席しなよ。私も太って別人(笑)」そう言ってもらううちに子供も大きくなり手が離れたこともあり、久々に旧友に会いたくなりました。続きを読む

【痴漢・レイプ】寝取られ動画サイトに影響されて、嫁を単独男性宅へ3



俺が台湾に、仕事で1年も行くことになったのがきっかけで、の奈々を他人に寝取らせて、それをビデオに撮影してもらい、クラウドストレージにアップしてもらうという、とんでもない事を始めてしまった。
きっかけは、エロサイトを見て影響を受けたことだったのだが、実際にやるまでには葛藤があった。
だけど、もう2度試したそのプレイは、どちらも恐ろしく刺激的だった。
そして、今まで以上にのことを愛おしく、大切に思うようになっていた。
この前の5人との連続プレイは、さすがにを傷つけてしまったと思い、深く反省していて、とりあえず次のプレイには取りかからずにいた。
とは毎日ビデオチャットで色々と話をしたが、寝取られプレイのことは、何となく言いづらくて一切話さなかった。続きを読む
月別アーカイブ
エッチな体験談相互リンク
エッチな体験談おすすめサイト
少女とのエッチ体験談エッチ体験談が4万件以上!! レイプ体験談 痴漢体験談 不倫体験談・人妻体験談 近親相姦体験談 エッチ体験談 エッチな体験談 フェチ、マニア、性癖
カテゴリー