エッチな体験談 レイプ、強姦

レイプ体験・虐待願望、痴漢・痴女などにまつわるエッチな話、体験告白集ですヽ(^-^ )

覗き

帰り道に公園で



 たった一時限しか講義のない土曜日。
少し前までは、面倒くさくて大学をサボりがちだったこの日だけど、今では毎週土曜が待ち遠しくて仕方がない。
 大学からの帰り道、この公園でアミカちゃんに会えるからだった。
 僕は自転車を止めて鍵をかけ、周囲を気にしながら公衆トイレに向かう。
滑り台のある砂場で何人かの子供が遊んでいたけど、こっちには大して注目していない。
僕はさりげない様子で女子トイレの方に足を向けた。
 その入り口のところに、水色のワンピースを着た女の子――アミカちゃんが待っていた。
 幼い顔立ちに、僕の胸くらいまでの身長。
でも意外に体の方は肉付きがよくって、胸も結構大きい。続きを読む

【レイプ体験談】■寝ている後輩の彼女に悪戯したら、寝たふりしながらイッていた!



このお話は社会人になって2年目に経験したお話です。
僕が社会人になって1年ちょっとが過ぎた頃に、久しぶりに大学時代の後輩から連絡が有りました。
そいつも僕と同じくオタク系のカワイイ感じの男でした。
なんで久しぶりに連絡してきたのかと思ったら、社会人になってから初めて彼女が出来て、やっと童貞から卒業出来た!と言うハイテンションな理由だった。
僕は学生時代に童貞は捨てているので、ちょっと上から目線で話を聞いていた。
そいつも根っからのオタク気質なので、いくら社会人になったからとは言え、基本は変わらないので、オタクの女の子でも見付けたのかな?と思って聞いていると、同じ会社のの同期で、新人研修の時に、友人とその彼女だけがいつも怒られて、いつの間にか二人だけで別研修を受けていると、当然距離も近くなって、二人で飲みに行ったりしてる間に付合う様になったらしい。-----続きを読む

【レイプ体験談】お母さんが中1くらいのDQNにレイプされた話



http://blog.r18matome.com/archives/36604370.htmlお母さんが中1くらいのDQNレイプされた話 116: えっちな18禁さん:2014/01/14(火) 23:11:47.11 ID:Rmub6xzv02年前の夏のことです。
当時中学1年生だった僕はある日ママと新宿に買い物に行きました。
その日は朝から猛暑でママは肌がほんのり汗ばんでおり息子の僕から見てもとても色っぽかったです。
すれ違う男の人の視線をヒシヒシと感じていました。
そしてゲームセンターの前を通ったときのこと。
いきなり僕と同じくらいの子が話しかけてきたのです。
少年「あの~僕迷子になっちゃったんですけど一緒にお母さんを探してくれませんか」ママ「いつはぐれちゃったの?」少年「5分くらい前、携帯もつながらないの」ママ「じゃあ一緒に探してあげるね」お母さんは優しくそういうとその子のお母さんを探し始めました。-----続きを読む

【痴漢・レイプ】処女の女子高生に中出し



948名前:処女女子高生中出し投稿日:02/12/1818:59ID:QW668Vt6出会い系女子高生をゲット!この夏二人目の連続超大ヒットだった。
彼女は高1でまだ処女
友達がみんな経験をしだした事から、自分もこの夏に処女を捨てたかったとのこと・・大ラッキーな出会いだった。
お礼付きだったけどね。
待ち合わせ場所に現れたのは、ちょっと日焼けしたスラッとしたスタイルの女の子。
ピンクと白のミニスカのワンピースにわりと底の厚いサンダル。
髪は長めでポニーテール。
顔は童顔で、目は大きくパッチリとした額の広いかわいらしい天使だった。
949名前:処女女子高生中出し投稿日:02/12/1818:59ID:QW668Vt6どう見てもC学生にしか見えなかった。続きを読む

転校生



「行ってきます…」小学生の太郎は誰もいない家に向かってそう言うと学校へ歩き始めた。
桜が舞散る都会の町並みを歩きながら、太郎は新しい学校でうまくやっていけるか不安でいっぱいだった。
なにせ、その小学校で六 年生の男子は太郎だけだと言うのだ…太郎はずっと田舎の山奥に暮らしていた。
太郎の通っていた学校は太郎を含め三人しかいなかったのだが二人いた六年生が卒業して、今年から太郎一人になってしまう事にともなって小学校が閉校してしまったのだ。
太郎の両親は農家なので引っ越す事は出来ないが、なんとか太郎に小学校に通わせようと都会のマンションに太郎を住ませて学校に通わせる事にした。続きを読む
月別アーカイブ
エッチな体験談相互リンク
エッチな体験談おすすめサイト
少女とのエッチ体験談エッチ体験談が4万件以上!! レイプ体験談 痴漢体験談 不倫体験談・人妻体験談 近親相姦体験談 エッチ体験談 エッチな体験談 フェチ、マニア、性癖
カテゴリー