エッチな体験談 レイプ、強姦

レイプ体験・虐待願望、痴漢・痴女などにまつわるエッチな話、体験告白集ですヽ(^-^ )

豊満

私の幼稚園先生 6



「さ、それじゃあ、もう大丈夫だねボクたん。ゆっくりお昼寝しててね」「う、うん…も、もう、大丈夫…だよ…先生…」「それじゃあ、わた君…」「あ、はい…」オネショの不安がなくなったボクたんも、ようやく落ち着きを取り戻したようだ。
そんなボクたんの様子に安心したようこは、わたるを連れ、部屋をあとにしようとした。
「じゃあ、ボクたんが眠っている間に、おやつの準備しておいてあげるからね。楽しみにしてて」「…あ…う、うん…」これで、お騒がせなボクたんのオネショ騒ぎもようやく一段落……と思われたのだが…「じゃあ、おやすみなさい、ボクたん」「あの…よ、ようこ…せんせい…も、もう、いっちゃうの?」「え?」立ち去ろうとしたようこを、不意にボクたんが呼び止めた。続きを読む

旅館の柔道部



845コピペsage04/03/0302:49ID:x5ZZGpmq去年の夏、俺の彼女だった真理がチェリー坊どもに思う存分突ききられた話です。
846コピペsage04/03/0302:50ID:x5ZZGpmq真理は学生時代のサークルの後輩で、年は3つ下。
今年で24歳(やられた時は23歳)です。
俺が4年生の時に新人で入ってきたのですが、男どもの争奪戦のはて、俺が付き合う栄冠を勝ち取りました。
身長は159センチ、スリーサイズは91(Eカップ)?61?92、で今思い出してもよだれが出るほどのダイナマイトボディでした。
付き合い始めて4年間、全て順調でした。
あの日がくるまでは。続きを読む

アブ書A



303名前:アブ書1投稿日:2001/08/11(土)01:22ID:WwNou6.6日曜日、俺は近所の公園に散歩に出ることが多い目的は、そこに集まる人妻達を見に行くことだ生活の中でもまれている人妻達は自分の子供を連れ井戸端会議なんというものをやっているみたいだが普段着にもまして最近はすっかり夏気分なのか薄着が多く日光に透けた下着やカラダのラインが妙にイヤらしい304名前:アブ書2投稿日:2001/08/11(土)01:22ID:WwNou6.6ふと見ると、公園の端の方で母親と来たというには少々大きな(小学校中学年くらいか?)ポニーテールにした女の子がしゃがみこんで遊んでいた。続きを読む

SS



ケーイチは暗く狭い箱の中で目を覚ました。
体中に鈍い痛みが響く。
どうやら気を失っていたようだ。
頭が混乱している。
今までの記憶がはっきりしない。
突然、何度も何度も殴られて、訳が分からないままここに押し込まれたようだ。
箱は厳重に閉じられていた。
とても自力で開けられそうにない。
「仕事が済んだ後で、海の中にでも放り込んでやれ」男の邪悪な声が脳裏に蘇った。
そうだ、自分は殺されるところだったのだ。
そっと、僅かなすきまから外の様子を伺う。
無骨な男たちが何人もいた。
みんな、法律で規制されているはずの拳銃を無造作にぶら下げている。
全然事態が飲み込めないが、明らかにこれは冗談などではない。続きを読む

悪夢の写真撮影



174名前:飛び入り◆Vi5dkZqWDY投稿日:03/04/0622:11ID:PoEl8Wby「よーし、次の撮影を始める!」カメラマンのフジシロの一言でスタジオ全体に緊張が走る。
露光の測定、照明の位置の確認等を終え、スタッフはスタジオからぞろぞろと退出してゆく。
入れ替わるようにバスローブを纏った上原多香子が控え室からカメラの前に出てきた。
これから行われるのは彼女のセミヌード撮影。
そのために、スタッフを全員外に出し、カメラマンのフジシロと多香子の2人だけで、ギリギリまで際どいショットを収めるのである。
175名前:飛び入り◆Vi5dkZqWDY投稿日:03/04/0622:11ID:PoEl8Wby「多香子ちゃん、早速用意して」フジシロの言葉で多香子は、やや顔を赤らめるそぶりを見せつつ、バスローブを脱いだ。続きを読む
月別アーカイブ
エッチな体験談相互リンク
エッチな体験談おすすめサイト
少女とのエッチ体験談エッチ体験談が4万件以上!! レイプ体験談 痴漢体験談 不倫体験談・人妻体験談 近親相姦体験談 エッチ体験談 エッチな体験談 フェチ、マニア、性癖
カテゴリー