エッチな体験談 レイプ、強姦

レイプ体験・虐待願望、痴漢・痴女などにまつわるエッチな話、体験告白集ですヽ(^-^ )

集団

【痴漢・痴女】痴漢の女にされた母・・2



「だって~我慢でなくなったの~貴方のを握らされて~ショーツ脱がされて~」秘め事の発覚理由は様々だが、母が痴漢男に犯された事実を知ったのは、母のTELセックスからだった。
男は自宅に来るなり母に抱きついて、スカート捲って股間に手を伸ばした。
最初こそ抵抗した母だったが、やがて母は欲情させられて肉欲を押さえられなかった。
母は自ら身体を開いた、腰が立たなくなるまで姦られてしまった。
痴漢男とセックスするようになっても、母は電車内での快楽が忘れられなかった。
そして、TELセックスでの自慰は毎晩となった。
「あたしだって~きもちよくなっちゃうわょ~あぁ~思い出しちゃう~初めてだったのょ~あんなとこ舐めるなんて~きもちよくてきもちよくて~もう泣きたかったわ~」「だって~あなたのオチンチン~奥まで届いたわょ~あんなの初めてょ~」「あぁ~わかってるわ~もう忘れられないと思うの~言いますわょ~あなたのオチンコ~あんなにオマンコがきもちいいなんて~電車の中と違ってたの~触るのと入れるのとは違うわよ~あぁ~あたし~あなたにされたわょ~忘れられないわょ~」「あぁ~またそれを言うの~オマンコょ~言うわょ~あたし~オマンコされたわょ~あなたのオチンコでオマンコされた~オマンコ舐められたわょ~きもちよくてきもちよくて~あぁ~いやらしい言葉が好きなのね~あたしもょ~あなたに言われると興奮しちゃう~もっと教えてょ~スケベな事~教えてょ~もっとオマンコして~オマンコしたいわょ~」「あぁぁ~きもちいいわ~思い出しちゃう~あなたのオチンコ~もう止められないわ~きもちいぃ~きもちいぃ~クリトリスょ~指で挟んでやってるわ~あなたはどうなの~もう先がヌルヌルしてるんでしょ~きもちいいの~チンコきもちいいんでしょ~あたしは腰が震えてるわ~音が聞こえるわ~自慰の音が聞こえるわょ~息遣いが荒いわ~えぇ~マンズリって言うの~? 男の人ってセンズリでしょ~? そうょ~マンズリしてるわょ~マンズリしちゃうわょ~大学の部屋でもした事あるわ~講師の準備室は大部屋仕切だからスリルがあるの~見えないけど周りの話し声が聞こえるから~そんなとこで自慰すると興奮するわ~あなたょ~あなたのチンコ思い出してる~」と母のTELセックスは延々と続いた。-----続きを読む

【痴漢・痴女】電車で知り合った女の子と初めてのフェラと痴漢ごっとで・・エッチな体験談



電車で知り合った女の子と初めてのフェラと痴漢ごっとエッチな体験談高校時代の話をします。
僕は高校時代、電車通学をしていました。
高二の時に車内で出会った女の子の話です。
僕はいつも決まった時間の電車に乗り、決まった車両に乗り、決まってドアに背を向け、もたれるように電車に乗っていました。
神経質な性格などではなく、ウォークマンを聞きながら無意識に行なっていたただの日常でした。
僕が乗ってから二駅くらいすると、いつも大量に人が乗り込んでくる駅があります。
反対側のドアにもたれながら、人々が乗り込んでくる様子が好きでした。
ある日、いつものようにもたれながら眺めていると、その女の子が乗ってきました。-----続きを読む

【痴女】俺が女子高生の集団に性奴隷にされていた話をする



当時俺は小学5年。
従妹のねーちゃんとその友人たち数名。
高校の2年だった(はず)最初は従妹のねーちゃんと風呂にはいってて、チ●コにいたずらされたところから最初は俺がふざけててねーちゃんのおっぱいを触ったりしてた。
ねーちゃんは「チ●コに毛も生えてない癖になにやってんだー」とかいっしょにふざけてた。
で、体を洗ってるときに、俺は当時包茎チ●コで、チ●コの皮を剥いてきれいに洗うって習慣が無かったから体全体を洗って湯船に戻ろうとしたらねーちゃんに「こら、ちゃんとちん●んも洗いなさい。汚いでしょー」って引き戻された。
「やだよー皮剥くと痛いもん」「ゆっくり剥けばだいじょうぶでしょ」と、ねーちゃんは俺のチ●コを洗ってくれた。-----続きを読む

【痴女】いつもと違った朝



 静江に連れてこられた病院の看板には『池下産婦人科』とピンクのかわいらしい書体の文字で書かれていた。
春も本番になろうかという三月初旬の朝だった。
 カーテンの閉まった玄関口の前に佇む二人の間を、早くも散り始めた桜の花びらがゆるゆると落ちていく。
「今日は休みみたいだね。……また今度にしようか」 自分より五センチ以上背が高く、肩幅さえ広そうな静江を見上げて滋が気弱な声を上げた。
「あ、そうだ。忘れてた。休みの日だから裏口から入ってと言われてたんだったわ」 ちらりと滋を見た静江がひとつ頷いて言った。
 後は無言で滋を引っ張り右横のビルとの間の細い通路を入っていく。-----続きを読む

【痴女】裏切りの報い



彼は、京都の自宅でタバコを吸いながら回想していた。
「ふ?、とうとうやっちまった」彼とは、名前は 朝倉 葉一 (35)、未婚、内科の免許を持ち医者として働いていたが、それは仮の姿で、本業はその世界ではかなり名が知れている一流のスパイAND 暗殺集団「熊の爪」に属していた。
葉一はその組織の幹部で、新しく組織に入った者の指導もまかされていた。
仕事の腕は一流なのだが博打に目が無く、よく組織から注意を受けていた。
そのため、彼には相棒であり親友の、 伊澤 伸二(38)がお目付け役として付けられていた。
伸二は葉一とは違い真面目で組織から信頼されていた。
「200万の借金を返す為とはいえ、組織を売ってしまうとは…まずったな」葉一は頭を抱えてつぶやいた。-----続きを読む
月別アーカイブ
エッチな体験談相互リンク
エッチな体験談おすすめサイト
少女とのエッチ体験談エッチ体験談が4万件以上!! レイプ体験談 痴漢体験談 不倫体験談・人妻体験談 近親相姦体験談 エッチ体験談 エッチな体験談 フェチ、マニア、性癖
カテゴリー